土・日・祝日を含め夜10時まで診療、
突然の歯のトラブルにも全て対応いたします。

白い歯をあなたに
ホワイトニング 4,999円+税
セラミッククラウン 19,800円+税

堺筋線・長堀鶴見緑地線 長堀橋駅 徒歩2
長堀鶴見緑地線 松屋町駅 徒歩4
御堂筋線 心斎橋駅 徒歩6

タグアーカイブ: 長堀橋 虫歯

みなさんは、『フッ素』が
とても歯にいいことをご存知でしょうか??

理由まで知っていたら、それは素晴らしいです!

一度知っておくと、生涯 意味のある知識になるだろうことが自信をもって言えます。

最近はテレビでもよく歯に対するフッ素の有用性についてみる機会が多くなっていますね!

実は、市販の歯磨き粉のほとんどに含まれており、

虫歯予防には欠かせないものになっています。

では、今回は
その『フッ素』がなぜ歯にいいのか、
どのようにすれば高い効果を得ることができるのかについてお話します。


『フッ素』の効果は??

むし歯を治すー再石灰化の促進

歯は、食事をする度にカルシウムイオンやリン酸イオンが口腔内に溶けだします。
その事を「脱灰」といい、その溶けてしまった成分を唾液のミネラルよって吸収。修復します。
これを「再石灰化」といいます。

しかし、何度も間食をしていたり
ガムや飴など長時間お口の中にある食べ物を食べたりすると
その「再石灰化」が上手くいかない場合に
むし歯になってしまいます。

しかし、『フッ素』を塗布することによって
「再石灰化」が促進され、初期のむし歯であれば治りやすくなります。

ほぼ、この作用によって、虫歯予防になるといわれています。

歯の強度を高くする

歯が溶けてしまった成分を戻す「再石灰化」の時に
歯の表面の「エナメル質」の成分と結びついて
「フルオロアパタイト」という硬い構造になって歯を強くします。
歯が根本的に強くなることによって
「脱灰」が起こりにくくなり
むし歯にもなりにくくなります。

むし歯菌の活動を抑える

むし歯は、むし歯菌の出した酸によって歯をとかしてしまいます。
『フッ素』を塗布することによって
むし歯菌の活動を抑制させる効果があります。
そうすると酸の量が減るので
歯が溶けにくくなりむし歯の予防にも繋がります。

など、『フッ素』には
むし歯になりにくくする効果があります。そしてまた、年齢によって効果も様々です。

 


子供に『フッ素』を塗布すると良い理由

乳歯が生えたらすぐに使用するようにしましょう。
乳歯は永久歯と違って
溶けやすいのでむし歯になる速度が早いので
しっかりとケアをしなければ
すぐにむし歯になってしまいます。

『フッ素』は
子供にはなくてはならないものです。

生え始めの永久歯に『フッ素』を塗布する理由

生えたての永久歯は
歯の表面が薄く、溝も深いので
むし歯の確率がぐっと上がります。
この時期にむし歯になって
歯を削ることはとてもリスクの高いことなので
永久歯が生えてから数年は
しっかりと『フッ素』でケアをするようにしましょう。

大人が『フッ素』を塗布する理由

大人になっても
もちろん「脱灰」は起こります。
その「脱灰」を抑制したり
「再石灰化」を早めたりすることはもちろんですが、
大人になるとどうしても生活が不規則になってしまいます。
そのため、ブリッジなどの被せ物や入れ歯が入っていると
唾液の流れが悪くなり、
唾液の殺菌作用がお口の中全体に行き渡らなくなるので
むし歯になりやすくなってしまいます。

『フッ素』を塗布することによって
特にむし歯になりやすい所を重点的に予防するようにして
将来も長く自分の歯で過ごせるようにしましょう。

歯周病とむし歯の関係

加齢とともに歯周病のになりやすくなってしまいます。
歯周病になると歯ぐきが痩せて
見えないはずの「象牙質」が出てくるようになります。
この「象牙質」は、
歯の表面の「エナメル質」に比べると
むし歯になりやすいので
むし歯になりにくい人でもむし歯になりやすくなってしまいます。

『フッ素』を塗布すると
「象牙質」も強くすることが出来ます。
『フッ素』は
どの年代の人も大切な予防策です。

歯医者さんで行う『フッ素』塗布

まず、歯医者さんでは
数ヶ月に一度自分ではできないような
高濃度の『フッ素』を塗布して
自分でも毎日ケアをすることが1番の予防です。

高濃度の『フッ素』を塗布し、
毎日低濃度の『フッ素』を塗布することで
できる限り歯に『フッ素』が残っている状態にします。

検診の場合は同時にクリーニングも行いますが、
クリーニングを行なったあとは特に『フッ素』が浸透しやすい状態なので
その後はしっかりと浸透するまで飲食は少し控えるようにしましょう。

歯ブラシのあとも同じです。
歯磨き粉に入っている『フッ素』を出来るだけ浸透させるために
1時間ほどは飲食はしないようにしましょう。

小さな子供の場合は
むし歯になっても治療が困難な場合があります。
そんな時は、
高濃度の『フッ素』をむし歯の部分にピンポイントに塗布します。
それを数ヶ月続けることで、
むし歯によって柔らかくなってしまった歯の表面が硬くなり治療ができる年齢になるまで観察するか、
生え変わるまでそのままにする場合があります。
『フッ素』塗布は
歯医者さんや歯磨き粉だけではなく、
他の方法でも自分で塗布することが出来ます。

でも、
やっぱり1番大切なのが
歯磨き粉の中に入っている『フッ素』をしっかりと浸透させることです。
歯磨き粉の量はブラシの約半分。そしてゆすぐのは1〜2回程度にするようにしましょう。その後は1時間ほどは飲食はしないようにしましょう。

ほかには、
歯ブラシを終えたあとにフッ素ジェルを塗布することです。
この方法が1番効果的ではありますがやはり手間がかかってしまうので
面倒な方は『フッ素』が含まれている洗口剤を使用するのもいいかもしれません。

『フッ素』がむし歯予防にとても大切であることがお分かりいただけましたか??
今日から『フッ素』を少しでも意識して
むし歯を予防しましょう😊😊

長堀橋の歯医者 | あい歯科 長堀橋院
日付:  カテゴリ:未分類 and tagged , , , , ,

とっくにご存じでしょうが。。。

『むし歯』には誰にでも関係のある厄介な歯の病気です。

しかし、その中でも
『むし歯』になりやすい場所は存在します。
では、どのような場所がむし歯になりやすいのでしょう??
どう気を付ければ虫歯になりにくいのでしょうか。
虫歯で歯が無くなっていく推移

『むし歯』になりやすい場所は??

○歯と歯の間
『むし歯』の90%が
歯と歯の間からできると言われています。
歯と歯の間は
しっかりと歯ブラシをしていても
やっぱり綺麗に落としきることは難しいので
磨きの腰ができてしまい、
『むし歯』に繋がってしまいます。
そのため、デンタルフロスなどを使用して
週に何度かは更に綺麗になるようなケアをするようにしましょう。

○歯の頭=咬合面も注意
噛み合わせている面のところは
歯ブラシでも磨きやすいので
歯と歯の間に比べると『むし歯』になりにくいのですが、
乳歯や生えたての歯は溝が深いので
プラークのすみかになってしまい
『むし歯』になりやすくなってしまいます。
しっかりと毎日ケアをしてあげるようにしましょう。
意識するだけでOKです!
○歯ぐきが下がってしまったら
「歯周病」などによって
歯ぐきが下がってしまい、
本来なら歯ぐきで見えないはずの「象牙質」がむき出しになってしまうと、
「象牙質」は歯の表面の「エナメル質」よりプラークがつきやすいので
『むし歯』にもなりますくなってしまいます。
ほかにも「歯周病」は
口臭の原因にもなってしまうので
早めに歯医者さんに行くようにしましょう。
○詰め物をしている人
被せ物や詰め物などに使用されているような金属は
『むし歯』が出来やすいという性質を持っています。
だいぶ前に詰めたような金属は
その金属と元の歯の隙間などから『むし歯』が広がってしまいやすく、
気づくのが遅くなると神経までもを抜かなければならない場合もあります。
違和感を感じたらすぐに歯医者さんに行くようにしましょう。
○親知らず
「親知らず」は斜めや横向きに生えてしまっている事が多い上に歯の一番後ろにあるため自分のケアではなかなか綺麗にすることは難しく、
『むし歯』になりやすくなってしまいます。
そして「親知らず」は、
その歯だけでなく
隣の健康なはずの歯にまで被害を及ぼすので
先生と相談の上、抜歯を行うことも大切です。
25歳以降は親知らずは位置が変化しないことが多いので、
25歳以上の人は気を付けましょう!

どんな時に歯が痛むのか??

「歯が痛い」 「歯がしみる」 「歯が黒くなって穴が開いている」
○冷たいものや甘いものがしみる
『むし歯』が
歯の表面の「エナメル質」やその奥の「象牙質」にまで入ってくると
「象牙質」には神経にまで繋がる管が通っているので
冷たいものや甘いものをたべると痛みを伴う場合があります。
この時点では
痛みは一時的で引く場合もあるので
それで安心してしまい
放置すると更に『むし歯』が進行してしまうのでこの段階で歯医者さんに行くようにしましょう。
この段階だと
神経を残せる場合があります。
実は最初で最後の神経を残せるかどうかの判断ラインなので注意です!
意識しておいて損はないでしょう!
○温かいものがしみる場合

この場合は、むし歯が神経の近くまで来てしまっていることが多いです。むし歯が象牙質の奥まで入ってくると温かいものがしみることがあります。

もしかしたら神経にまで既に到達してしまっていることもあるのでこの場合も早めに歯医者さんに行きましょう。

○我慢出来ないほどの激痛の場合

むし歯が神経までに到達してしまって、歯の中で神経が腫れてしまっていると激痛がはしることがあります。

おおよそ、神経をとる治療が必要になります。

○寝ている時に痛くなる場合

むし歯か神経の一部を腐らせてしまった場合、体が温まった時に残っている部分の神経が残っているので痛みを伴うことがあります。この場合は歯の根っこの治療をしなければなりません。

○噛んだ時に痛い場合

 

この場合は様々な原因があります。例えば、むし歯が原因の場合。むし歯菌が歯の周りの膜まで入ると痛みを伴うことがあります。

歯周病が原因の場合。歯周病が進んでしまうと歯を支えている周りの骨が溶けてしまうので、噛んだ時に痛みを伴います。

早めに治療を行わないと最終的には歯が抜けてしまいます。

 

〇歯ぎしりが原因の場合

歯ぎしりによって歯に大きな負担がかかり、揺さぶられることで痛みを伴います。

 

 

〇歯が割れていた場合。

歯にヒビが入っていたり根っこで割れてしまっているような場合はもちろん痛みが出てしまいます。被せ物で治療できる場合もあれば割れ方によっては抜歯しなければならない場合もあります。

 

 

○歯ぐきが痛い時

 

歯の根っこの先の骨の中にまでむし歯菌が入ってしまうと骨の中に膿がたまってしまい、大きく腫れてしまい、痛みを伴います。その場合は歯ぐきを切って膿を出しますが、自然に出てくる場合があります。しかし、放置すると繰り返すので早めに歯医者さんに行くようにしましょう。

○頭痛がある時

上顎の根の先から鼻に繋がる空洞にむし歯菌が入ってしまうと上顎洞に膿がたまってしまうので頭痛がすることがあります。鼻の病気の場合も同じような症状が出ることがあるのでしっかりと診断してもらうようにしましょう。

 

『むし歯』になる原因は様々です。

なってしまったとしても出来るだけ早く治療することによって

歯の神経を残すことも可能です。

ですので、出来るだけ早く見つけるためにも定期的に歯医者さんに通うようにしましょうね😊😊

長堀橋の歯医者 | あい歯科 長堀橋院
日付:  カテゴリ:未分類 and tagged , , , , ,

口臭の原因 5選


・家族から口臭がひどいといわれ、歯科で治療を受けても改善しない。

・歯磨きをていねいにしても、ニオイが減るのは磨いた時だけで、すぐに口が臭くなる。

・何年経っても原因が分からず改善されない

など、口臭原因が分からないことで悩まれている方が多くおられます。

悩んでいないまでも、『自分の口臭どうなんだろう』とはほとんどの人が気になったことはあるでしょう。

口臭


口臭原因は分かっています!

大きく分けると5つあります。
この5つの原因だけで口臭全体の9割以上を占めています。

ですから、今まで全く改善できなかったとしても、

この5つに焦点を合わせて対策をすれば良くなる可能性が高くなります。

口臭の5つの原因


①虫歯が口臭原因

口臭が気になると真っ先に行うのが虫歯です。
虫歯になると、歯髄(しずい)が腐り臭くなる。菌が歯根の外の歯肉に感染すると膿(うみ)の袋を作ります。この袋から度々、膿が排出されるので口が臭くなる。…これが虫歯による口臭のパターンです。

②歯周病が口臭原因

次に口臭原因として多いのは歯周病です。
歯周病の症状は様々で
口臭がある人に「歯周病ではありませんか?」と質問すると、ほとんどの人が「いいえ、歯周病ではありません。」と答えられます。
ところが、歯周病というのは、歯肉炎と歯周炎を指して言います。
歯周ポケットが浅い軽度の歯肉炎から、歯を支えている歯根膜に炎症を起こし骨まで吸収される重度の歯周病まであり、
軽度の歯肉炎程度であれば何も差支えないため、自覚がないのかもしれません。

歯周ポケットの深さは、健康な歯ぐきの人であれば1ミリ~2ミリ。ところが、歯肉に炎症を起こしている歯周ポケットは3ミリ以上になっています。これは、どういう事かというと、歯肉に炎症が起きると膿が出るのですが、その膿が歯周ポケットの中にたまる。この膿が臭いを発します。
歯磨きをすれば、きれいになるのでは?と思うかもしれませんが、
歯ブラシでは、狭い歯周ポケットの内側まで完璧に磨くことは不可能でしょう。
歯科で歯石除去をしてみると、丁寧に歯磨きをされている人でも、なにかしら歯石はついてきます。
歯石は歯磨きできれいに落とせなかったプラークが固まったものです。
ですから、歯周病でないと思っていても、歯周ポケットの内にたまった膿が臭っている場合があるということをご理解ください。

②舌苔が口臭原因

舌の表面は、ヒダヒダ状の乳頭や突起(みらい)で覆われています。
そして舌の表面積は畳10畳分あるといわれています。
そして、この面積の広い舌には、沢山の食べかすや細胞の死骸などがたまると、そこには細菌が繁殖し腐敗臭を発します。
これが、舌から口臭が発生する大きな原因です。
そして、舌は口臭原因になるだけではなく、細長い糸状乳頭(しじょうにゅうとう)が角化するために、白く見えます。
舌が白くなると見た目も悪いために舌磨きが必要でしょう。
しかし、舌磨きをしすぎると、細長い糸状乳頭(しじょうにゅうとう)は傷つき角化が進みます。
傷ついた細胞は細菌のエサになる。そして、舌に苔ができ口臭が発生するという悪循環になるので注意が必要です。

③膿栓(のうせん)が口臭原因

口臭で悩まれると、最終的に疑ってしまう口臭原因は、膿栓(のうせん)かもしれません。
膿栓(のうせん)は、「においだま」や「臭い玉」とも呼ばれる口臭原因の一つです。
膿栓(のうせん)自体はそれほど臭くありませんが、つぶして嗅ぐと凄い悪臭がします。
これが喉(のど)にあると考えると、口臭の原因だと思っても仕方ないかもしれませんが、
膿栓(のうせん)が発している口臭量は少ないのです。
しかし、口臭症になることに膿栓(のうせん)が大きく影響しているのが事実であり、
これを知らないと、いつまで経っても口臭をうたがってしまいます

<膿栓(のうせん)>

呼吸によって口に入ってきた細菌やウィルスは、のど でくい止められます。
のどにある扁桃から免疫物質であるネバネバした粘液が菌やウィルスをやっつけます。
その粘液と菌の死骸が、扁桃の穴に残り乾燥して固まったのが膿栓(のうせん)です。
膿栓(のうせん)は、風邪にかかったときでも出来るもので、食事の際の嚥下でも取れてしまうものです。
ところが、人によっては、膿栓(のうせん)が出来やすい人がいます。
鼻炎などで鼻汁が喉に落ちる人
口呼吸やいびきで喉が乾燥する人
そのようなケースでは、喉(のど)に細菌が繁殖しやすいために、粘液が多量に分泌し膿栓(のうせん)が出来やすくなります。


口臭への対処方法

口臭を改善するための方法を順を追ってご説明します。


①歯科で受診
始めに重要なことは、歯科で調べてもらうことです。
虫歯にしても歯周病にしても、自身で分からないことが多くあります。
でも、歯科でレントゲン撮影をするとか、歯周ポケットの深さを調べてもらうと、容易に分かります。

②歯科治療
虫歯や歯周病が見つかれば、治療を受けることが大事です。根本的な原因を治療しない限り、口臭は克服できないからです。

③定期的に歯科検診
歯周病は完治しない病気です。治療で一時的に良くなっていても、体調がくずれるとすぐに再発します。ですから、3か月おきに定期健診を受けて様子を観察することが大事。また、歯石も定期的に除去してもらう必要があります。このことによって、歯周病が悪化しないように予防することができます。

④舌のケア

舌の苔を落としたい時には、ブラシに何もつけないで優しく2回撫ぜるだけにします。
これ以上、舌をこすると傷が付いてしまいます。

⑤喉(のど)のケア
膿栓ができないようにするには、うがいを行うことが最も効果があります。
喉(のど)の細菌や汚れを洗い流すことで、膿栓が出来にくくなります。

⑥口と喉(のど)の乾燥を防ぐ
口や喉が乾燥すると細菌が繁殖しますので、ドライマウス症などで唾液量が少ない場合には、小まめに水を飲んで潤すことが大切です。
これらのことを行うだけで、かなりの改善効果があるかもしれません。


いかがでしょうか。

まず最初にしなければならないことは、

自分の口臭の原因は何なのか?それを調べて特定することから始める必要がありますね。

やみくもにすべてのことをしようとするとストレスが溜まってしまいます。

少しずつ改善していけば、きっと成果は出てくるでしょう。

「白くて美しい歯で口元をきれいに」審美歯科

 

 

あい歯科 長堀橋院

長堀橋の歯医者 | あい歯科 長堀橋院
日付:  カテゴリ:未分類 and tagged , , , , , , ,

銀歯がどうやって製作されているか知っている人は少ないのではないでしょうか。
豆知識として、あい歯科の銀歯の作り方をご紹介いたします。

詰め物


銀歯は当然金属製です。

金属を目的の形に製作をするときには 「鋳造」という方法が用いられます。

実は、一般的な金属を作る方法を基本的には同じなんです。


①患者さまからとった型に石膏を流します。
使うものは石膏です。
バイブレータに模型を当てながら、気泡が入らないよう慎重に型に流します。

②石膏が固まり、歯の形ができたら、トリミングをします。(模型を綺麗にします)模型を製作しやすいように分割します。必要であれば交合器に装着します。

③模型にスペーサーを塗布します。
塗布することで、かさが増され、スムーズにお口に入るようになります。

④ワックス(歯科用ろう)で歯の形を作ります。
外形を整え、隣接面を合わせ、交合面を噛めるようにつくり、表面を滑沢にします

⑤ワックスパターンを石膏で埋没します。
気泡が入らないように真空練和器で石膏をねります。

⑥埋没したブロックを焼成器で焼き、ワックスパターンを溶かします。

⑦ブロックに金属を流します(鋳造します)
遠心鋳造器で鋳造します。

⑧ブロックから鋳造された詰め物を取り出し、外形を改めて整えます。

⑨鏡面研磨し、ピカピカにします。 ピカピカにするのは楽しいです!

{0E8470F4-FB0A-4231-981F-29433D232AC6}

⑩模型に綺麗に入ったら完成です。


結構手間かかっていますよね。。。

これで2000-4000円くらいでお口に入れることができます。。。

原価率は60%くらい。。。トントンですね。


同じ方法で指輪、ペンダントなどなんでもつくれます。

一般的に鋳造法は大量生産の際に鋳型を作って、同じものをたくさん作りだすときに用いられます。

しかし、歯科で行う鋳造方法は個々に合わせた歯を製作するので、大量生産はできません。

ちなみに昭和のころから製作方法はあまり変わっていないようです。。。


お口に入っているのがシルバーオーダーメイドものと考えると、

銀歯に対する見方も少し変わって見えるのではないでしょうか。

 

長堀橋の歯医者 | あい歯科 長堀橋院
日付:  カテゴリ:未分類 and tagged , , , , ,

ページトップ
歯痛・応急処置 いつでも対応可 近隣駐車場どこでも 30分300円負担 24時間ご予約可能 PC予約 24時間ご予約可能 スマホ予約 痛みに弱い方も安心 無痛治療 0歳から診療可 キッズ対応 お気軽にお尋ね下さい 無料相談 初診・急患 随時受付中 駅近 3Wayアクセス お待たせしません 詰め物2日で完成 気軽に歯石取り 30分3,000円 お忙しい方には 短期集中治療