小児歯科

小児歯科

やわらかい乳歯は虫歯になりやすい

やわらかい乳歯は虫歯になりやすい

赤ちゃんの歯は生後およそ半年を過ぎたあたりから生え始めますが、成長するにしたがって次のように著しい変化をみせます。

無歯顎期 → 乳歯列期 → 混合歯列期 → 永久歯列期

生え始めですでに虫歯になっていることはあまりありませんが、離乳食が進んで歯磨きを嫌がる時期になると要注意。油断していると、気付かないうちに乳歯が虫歯になっていることもあります。

エナメル質が薄くやわらかい乳歯は虫歯になりやすく、この乳歯に多数の虫歯があると、後に生えてくる永久歯への感染が懸念されるだけでなく、噛み合わせや歯並びにも影響が出てしまいます。
虫歯になる前に、2歳頃になったら定期的に歯科医院へ通って虫歯を予防しましょう。

小児歯科で行う治療とは

小児歯科で行う治療とは

小児歯科では、できてしまった虫歯の治療はもちろん、虫歯にさせないための予防に力を入れています。
予防処置は痛みがありませんし、虫歯を早期に発見して必要最小限の治療で済ませることができれば、大切な歯を傷付けることもありません。

痛くない処置で済めば、怖い思いをさせずにお子様のお口の健康を守ることができるのです。
お子様の虫歯予防について、代表的なものをご紹介します。

歯磨き指導

歯磨き指導

最も大切な虫歯の予防方法は歯磨きです。

虫歯予防、歯磨きの大切さを一緒に学習しながら、虫歯を効果的に予防する歯磨き方法について、お子様が自分でできるよう、分かりやすくお伝えします。

成長にあった歯ブラシ選びや仕上げ磨きについても、ご相談ください。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には歯の再石灰化を促したり、虫歯菌の活動を低下させる働きがあります。歯の表面に塗布することで、大いに予防効果が期待されます。
乳歯や生えたばかりの永久歯は虫歯になりやすいため、子供にとって特に有効な虫歯の予防方法なのです。

また、市販されているフッ素配合の歯磨き粉に含まれるフッ素は低濃度ですが、歯科医院で使用するフッ素は高濃度であるため、特に歯質の強化を期待することができます。

フッ素塗布の頻度ははお口の状態によりますが、基本的には3~4ヶ月毎が目安となります。

シーラント処置

シーラント処置

奥歯(臼歯)には裂溝と呼ばれる溝がありますが、生えたての臼歯はやわらかい上に歯磨きも難しいため、虫歯になりやすいといわれています。
また、臼歯は噛み合わせ部分が常に強い力でこすれているため、塗布したフッ素が剥がれやすい歯でもあります。

裂溝をプラスチックなどの歯科材で埋め、汚れを入り込ませないことで虫歯を予防する方法が、シーラントです。

ページトップ
歯痛・応急処置 いつでも対応可 近隣駐車場どこでも 30分300円負担 24時間ご予約可能 PC予約 24時間ご予約可能 スマホ予約 痛みに弱い方も安心 無痛治療 0歳から診療可 キッズ対応 お気軽にお尋ね下さい 無料相談 初診・急患 随時受付中 駅近 3Wayアクセス お待たせしません 詰め物2日で完成 気軽に歯石取り 30分3,000円 お忙しい方には 短期集中治療