矯正歯科

矯正歯科

矯正を行う目的とは?

矯正歯科は歯並びを改善してくれる分野の歯科です。
歯並びの良さには清潔感がある、健康的といったような良いイメージがあるため、見た目の印象を良くしようと矯正歯科に通う人が多く見られます。
しかし、歯並びが整うことで得られるのは見た目の良さだけではありません。
健康にも沢山のメリットをもたらしてくれます。
その理由は噛み合わせにあります。
噛み合わせが悪いと、頭や首、肩の筋肉に影響するため頭痛や肩こり等の原因になります。

また、自律神経の乱れを引き起こすといわれているため、疲れが取れない、イライラしやすいなどの症状を引き起こすこともあります。
歯が綺麗に並んでいないことで磨きにくい部分も多く、虫歯や歯周病になりやすいこともデメリットです。
歯並びを矯正することで、これらの症状を改善へと導くことができます。

矯正の種類

表から矯正

表から矯正

歯を表側から矯正する方法は一般的に表側矯正と呼ばれています。
「ブラケット」と呼ばれる装置を歯の表側に付け、そこにワイヤーを通す方法で、どのような歯並びにでも対応しやすいという特徴があります。
矯正していることが分かってしまうのがデメリットですが、装置が舌に触れることがないため、食事や発音などの日常の動作に支障が出にくいという点がメリットです。

しかし、最近では装置にセラミックやロジウムといった歯の色に近い素材が導入されてきたため、昔ほど見た目に大きく影響しないようになりました。

裏から矯正

裏から矯正

歯の裏側に「ブラケット」を装着し、そこにワイヤーを通す方法を裏側矯正と呼びます。
最大のメリットは見た目に影響しないことです。
また最近の研究において、歯の裏側は表側よりも唾液が多くあたるため虫歯が進行しにくいことが分かってきました。
そのため、表側よりも虫歯の心配が少ない点でも注目が集まっています。

ただし、舌が装置に当るため滑舌や食事に影響するのがデメリットです。
口内炎ができやすい人にとっても不向きなため、誰にでも選択しやすい方法とはいえないものになります。

マウスピース

マウスピース

マウスピース矯正とは、安全性の高いプラスチック等、透明で薄い素材からできているマウスピースを歯に装着して矯正を行う方法です。
矯正していることが分かりにくいこと、自分で取り外しが簡単にできることが魅力です。
金属アレルギーや痛みの心配がないといった点で、この矯正方法を選択する人も少なくありません。
ただし表側矯正や裏側矯正と違い、矯正にかかる時間が長い、歯並びの悪さが軽度である場合にしか利用できないといったデメリットもあります。

マウスピース矯正の詳細についてはこちら

小児の場合は?

小児の場合は?

まだ歯が永久歯に生え変わっていない小児の時期は、歯が生える位置をコントロールしやすい状態にあります。
また歯並びに大きく影響する顎の骨が柔らかいため、顎の骨の発達を整え歯がキレイに生えるように誘導しやすいことが特徴です。

しかし、歯のエナメル質が薄い乳歯には虫歯になりやすい、虫歯が進行しやすいなどのデメリットがあります。

そのため、虫歯になりにくいよう、取り外しのできる装置を使って矯正を行う場合が多くあります。

ページトップ
歯痛・応急処置 いつでも対応可 近隣駐車場どこでも 30分300円負担 24時間ご予約可能 PC予約 24時間ご予約可能 スマホ予約 痛みに弱い方も安心 無痛治療 0歳から診療可 キッズ対応 お気軽にお尋ね下さい 無料相談 初診・急患 随時受付中 駅近 3Wayアクセス お待たせしません 詰め物2日で完成 気軽に歯石取り 30分3,000円 お忙しい方には 短期集中治療