歯周病治療

歯周病治療

歯周病ってどんな病気?

歯周病ってどんな病気?

歯周病は歯槽膿漏ともいわれ、歯を支えている周りの歯茎や骨が細菌感染することにより、歯を失うこともある危険な病気です。

日本人の中で歯を失う原因の第1位とされており、歯周病により歯を失う人は、虫歯によって失う人よりも多いのです。

歯周病になる原因は?

歯周病になる原因は?

歯周病になる原因は歯垢です。
歯垢はプラークとも呼ばれます。
歯垢には細菌を溜めやすい特性があり、その細菌によって歯周組織が破壊されることで歯周病へと発展するのです。

虫歯と異なり痛みがまったくないため、気付かない間に進行してしまうのが歯周病の怖いところです。

歯周病はどのように進行していく?

歯周病はどのように進行していく?

歯茎など歯の周りに炎症が進む状態を歯肉炎といい、歯を支えている骨までが炎症を起こした状態が歯周炎です。

歯肉炎は歯茎が赤く腫れ上がった状態となり、歯磨きのときに出血するなどの症状が見られることがあります。
これは初期段階ですが、歯周炎まで発展すると、歯茎の腫れや赤みがさらに進行し、炎症は骨へと浸食するため、歯がぐらぐらと動くようになり、歯茎から膿が出てくることもあります。
そうなると、最悪の場合、歯が抜けてしまうのです。

歯周病の予防方法について

歯周病の予防方法について

歯周病の根本原因は細菌性の歯垢です。
歯周病を予防するには、この歯垢を毎日落としてあげれば良いのです。
そのためには、毎日の歯磨きなどのセルフケアが欠かせません。
歯ブラシだけではく、歯間ブラシ、フロスなどを使用して毎日しっかりと歯垢を落とすと良いでしょう。また、歯科医院では自分では落とすことができない、歯の表面の細菌の膜を専用器具でクリーニングすることが可能です。

数ヶ月に一度は歯科医院でクリーニングを受けると良いでしょう。

治療方法は

治療方法は

歯科医師による歯周病の治療も、徹底的な歯垢の除去を行います。
また、歯垢が付かないようにコーティングを施すこともあります。
歯の根元の奥まで歯垢が付いてしまっているような重度の場合は、麻酔をして歯茎を切開し歯茎を開いて歯石を取り除く歯肉剥離掻爬術が行われることもあります。
また、骨の量が極端に減ってしまっている場合は、人工の骨を取り付けたり、エムドゲインを注入して骨を再生させる場合があります。

ページトップ
歯痛・応急処置 いつでも対応可 近隣駐車場どこでも 30分300円負担 24時間ご予約可能 PC予約 24時間ご予約可能 スマホ予約 痛みに弱い方も安心 無痛治療 0歳から診療可 キッズ対応 お気軽にお尋ね下さい 無料相談 初診・急患 随時受付中 駅近 3Wayアクセス お待たせしません 詰め物2日で完成 気軽に歯石取り 30分3,000円 お忙しい方には 短期集中治療