お知らせ

ブログ

口臭予防-口臭の原因と対策

口臭の原因 5選

家族から口臭がひどいといわれ、歯科で治療を受けても改善しない。歯磨きをていねいにしても、ニオイが減るのは磨いた時だけで、すぐに口が臭くなる。何年経っても原因が分からず改善されないなど、口臭原因が分からないことで悩まれている方が多くおられます。

口臭原因は分かっており、大きく分けると5つあります。
この5つの原因だけで口臭全体の9割以上を占めています。ですから、今まで全く改善できなかったとしても、この5つに焦点を合わせて対策をすれば良くなる可能性が高くなります。

口臭の5つの原因

①虫歯が口臭原因

口臭が気になると真っ先に行うのが虫歯です。
虫歯になると、歯髄(しずい)が腐り臭くなる。菌が歯根の外の歯肉に感染すると膿(うみ)の袋を作ります。この袋から度々、膿が排出されるので口が臭くなる。…これが虫歯による口臭のパターンです。

②歯周病が口臭原因

次に口臭原因として多いのは歯周病です。
歯周病の症状は様々で
口臭がある人に「歯周病ではありませんか?」と質問すると、ほとんどの人が「いいえ、歯周病ではありません。」と答えられます。
ところが、歯周病というのは、歯肉炎と歯周炎を指して言います。
歯周ポケットが浅い軽度の歯肉炎から、歯を支えている歯根膜に炎症を起こし骨まで吸収される重度の歯周病まであり、
軽度の歯肉炎程度であれば何も差支えないため、自覚がないのかもしれません。

歯周ポケットの深さは、健康な歯ぐきの人であれば1ミリ~2ミリ。ところが、歯肉に炎症を起こしている歯周ポケットは3ミリ以上になっています。これは、どういう事かというと、歯肉に炎症が起きると膿が出るのですが、その膿が歯周ポケットの中にたまる。この膿が臭いを発します。
歯磨きをすれば、きれいになるのでは?と思うかもしれませんが、
歯ブラシでは、狭い歯周ポケットの内側まで完璧に磨くことは不可能でしょう。
歯科で歯石除去をしてみると、丁寧に歯磨きをされている人でも、なにかしら歯石はついてきます。
歯石は歯磨きできれいに落とせなかったプラークが固まったものです。
ですから、歯周病でないと思っていても、歯周ポケットの内にたまった膿が臭っている場合があるということをご理解ください。

②舌苔が口臭原因

舌の表面は、ヒダヒダ状の乳頭や突起(みらい)で覆われています。
そして舌の表面積は畳10畳分あるといわれています。
そして、この面積の広い舌には、沢山の食べかすや細胞の死骸などがたまると、そこには細菌が繁殖し腐敗臭を発します。
これが、舌から口臭が発生する大きな原因です。
そして、舌は口臭原因になるだけではなく、細長い糸状乳頭(しじょうにゅうとう)が角化するために、白く見えます。
舌が白くなると見た目も悪いために舌磨きが必要でしょう。
しかし、舌磨きをしすぎると、細長い糸状乳頭(しじょうにゅうとう)は傷つき角化が進みます。
傷ついた細胞は細菌のエサになる。そして、舌に苔ができ口臭が発生するという悪循環になるので注意が必要です。

③膿栓(のうせん)が口臭原因

口臭で悩まれると、最終的に疑ってしまう口臭原因は、膿栓(のうせん)かもしれません。
膿栓(のうせん)は、「においだま」や「臭い玉」とも呼ばれる口臭原因の一つです。
膿栓(のうせん)自体はそれほど臭くありませんが、つぶして嗅ぐと凄い悪臭がします。
これが喉(のど)にあると考えると、口臭の原因だと思っても仕方ないかもしれませんが、
膿栓(のうせん)が発している口臭量は少ないのです。
しかし、口臭症になることに膿栓(のうせん)が大きく影響しているのが事実であり、
これを知らないと、いつまで経っても口臭をうたがってしまいます

<膿栓(のうせん)>

呼吸によって口に入ってきた細菌やウィルスは、のど でくい止められます。
のどにある扁桃から免疫物質であるネバネバした粘液が菌やウィルスをやっつけます。
その粘液と菌の死骸が、扁桃の穴に残り乾燥して固まったのが膿栓(のうせん)です。
膿栓(のうせん)は、風邪にかかったときでも出来るもので、食事の際の嚥下でも取れてしまうものです。
ところが、人によっては、膿栓(のうせん)が出来やすい人がいます。
鼻炎などで鼻汁が喉に落ちる人
口呼吸やいびきで喉が乾燥する人
そのようなケースでは、喉(のど)に細菌が繁殖しやすいために、粘液が多量に分泌し膿栓(のうせん)が出来やすくなります。

口臭への対処方法

口臭を改善するための方法を順を追ってご説明します。

歯科で受診
始めに重要なことは、歯科で調べてもらうことです。
虫歯にしても歯周病にしても、自身で分からないことが多くあります。
でも、歯科でレントゲン撮影をするとか、歯周ポケットの深さを調べてもらうと、容易に分かります。

歯科治療
虫歯や歯周病が見つかれば、治療を受けることが大事です。根本的な原因を治療しない限り、口臭は克服できないからです。

定期的に歯科検診
歯周病は完治しない病気です。治療で一時的に良くなっていても、体調がくずれるとすぐに再発します。ですから、3か月おきに定期健診を受けて様子を観察することが大事。また、歯石も定期的に除去してもらう必要があります。このことによって、歯周病が悪化しないように予防することができます。

舌のケア

舌の苔を落としたい時には、ブラシに何もつけないで優しく2回撫ぜるだけにします。
これ以上、舌をこすると傷が付いてしまいます。

喉(のど)のケア
膿栓ができないようにするには、うがいを行うことが最も効果があります。
喉(のど)の細菌や汚れを洗い流すことで、膿栓が出来にくくなります。

口と喉(のど)の乾燥を防ぐ
口や喉が乾燥すると細菌が繁殖しますので、ドライマウス症などで唾液量が少ない場合には、小まめに水を飲んで潤すことが大切です。
これらのことを行うだけで、かなりの改善効果があるかもしれません。

投稿日:2018年3月13日  カテゴリー:未分類

ページトップ
歯痛・応急処置 いつでも対応可 近隣駐車場どこでも 30分300円負担 24時間ご予約可能 PC予約 24時間ご予約可能 スマホ予約 痛みに弱い方も安心 無痛治療 0歳から診療可 キッズ対応 お気軽にお尋ね下さい 無料相談 初診・急患 随時受付中 駅近 3Wayアクセス お待たせしません 詰め物2日で完成 気軽に歯石取り 30分3,000円 お忙しい方には 短期集中治療