土・日・祝日を含め夜10時まで診療、
突然の歯のトラブルにも全て対応いたします。

白い歯をあなたに
ホワイトニング 4,999円+税
セラミッククラウン 19,800円+税

堺筋線・長堀鶴見緑地線 長堀橋駅 徒歩2
長堀鶴見緑地線 松屋町駅 徒歩4
御堂筋線 心斎橋駅 徒歩6

あい歯科のセラミック治療 セラミックといってもいろいろあるのご存じでしょうか?自分に合ったセラミックを見つけよう。

近年、ますます人気になっている歯科材料セラミック


・銀歯が気になるとき

・白い歯を入れたい時

・古い詰め物が気になるとき

・歯並びが気になるとき

・被せ物の色を白くしたい時

・虫歯になりにくい材料、良い材料を歯に入れたい時

・歯周病になりくい材料を入れたい時

・良い治療を受けたい時

セラミックの詰め物・被せ物は上記のすべての症例について対応の可能な唯一の歯科材料です(個々の状態によって変わることもあります。おおよそ)

詰め物・被せ物(差し歯)


 

けれども、セラミックという名前はセラミック系素材の総称のため、

一口にセラミックといっても色々な種類があります。

今回はそのセラミックの種類についてご説明したいと思います。


オールセラミック


よく使用されるセラミック素材です。

オールセラミックには強度の必要な奥歯には歯より硬いもの、複雑な形に成形しなければならない詰め物には少ししなやかなもの、歯と全く同じ固さのもの。などがあり、個々の歯の位置やかむ力によって材料をチョイスします。コンセプトは歯に近い素材の物をいれることで歯をもとの状態に復元するといったところでしょうか。

一方で歯と同じ固さで治したいので、強い衝撃が加わった場合にセラミックが割れてしまうことがあります。かむ力が人より強くて自分の歯さえもすり減っている人、歯ぎしり癖がある人には向いていないのかもしれません。

透明感があり、綺麗な色の出る素材です。

前歯・奥歯可能


ジルコニアセラミック


人工ダイヤモンドとも呼ばれる素材です。

女性は天然石などで聞いたことのある、なじみのある名前ものしれませんね。

人工ダイヤモンドですので、歯よりも固い素材でが、歯科用ジルコニアは強度を一般のジルコニアよりも落としています。現状ではそれでも歯よりは固い素材です。強度が高いため、問題の出にくい素材ともいえるでしょう。よく外れる詰め物や欠けやすい詰め物があるときに有用な材料です。

最近ではジルコニア製造メーカーが歯の強度と同じジルコニアを作れないかと年々改良がすすんでいる、トピックスな材料でもあります。一番の問題点は、ジルコニアの色は白いのですが、少し透明感がなく、乳白色調の色です。このいろの問題も年々改善されてきており、年々綺麗な色の出るジルコニア素材が販売されてきていますが、まだオールセラミックよりは色調面で劣るといってもよいでしょう。ですが技術の進歩は目覚ましいので、もう数年でオールセラミックと同等の綺麗さのあるジルコニアが出てきそうな感じです。現在でもかなり綺麗なジルコニア素材が販売されています。

商品によって前歯可能(一般的には不可) 奥歯可能

被せ物・詰め物の素材


ジルコニアレイヤリングセラミック


上記のオールセラミックとジルコニアの良いとこどりをしたセラミックです。

現在の歯科材料で一番良い材料といわれています(症例による)。

強度のあるジルコニアで歯のフレームを製作し、歯と硬さの近いオールセラミックで表面の見える部分を作り込むことで、強度と見た目の双方をかねそなえた素材となっています。一方で、やはりジルコニアを用いるので透明感が幾分オールセラミックに比べて劣ります。(透明感がないほうが見た目が綺麗に仕上がることもあるため、一概には言えない、利点ともいえる)硬さも歯と同等なので歯にも優しいです。製作工程が非常に複雑で手間がかかるため費用も一番高価な歯科材料となっています。

前歯・奥歯可能


ハイブリッドセラミック


厳密にはセラミック素材とは言わない材料ですので注意が必要です。セラミックの粉末を樹脂と混ぜ込むことでセラミックの欠点である強い強度と割れにくさを解消しようというコンセプトの材料です。セラミック粉末の含有量は98パーほどのためせらみっくといっていいようなわるいようなといった感じですね。セラミックと樹脂の中間という位置づけとなっています。あえて強度を落とすことで、周りの歯にダメージを与えない体に優しい材料となっています。また、材料にねばり(しなやかさ)があるのでセラミックの欠点である適合精度が多少改善されています。また、柔らかいことで成形もセラミックに比べて容易です。費用も安価です。一方で樹脂を混ぜ込んでいるために、セラミックよりも変色・変形のしやすい材料ともいわれています。長期安定性にはセラミックよりも一歩劣ります

保険適応があるのは最大の利点ですね。おおむね3割負担で8000円程度となっております。

小臼歯の保険治療でも、白が選べるようになりました!

 


近年のセラミックの歴史転換


セラミック素材はこの5年ほどでみるみる進化している素材です。

セラミックの製作でいわゆる歯科用3Dプリンター/セレックの販売でセラミックは爆発的に普及いたしました。

セラミックが普及してきた当時はオールセラミックが一般的だったが、当時は強度が足りなかったため、加工が難しく割れやすかったように思えます。

その当時のジルコニアも固すぎたため3Dプリンターで精密な成形ができず、色調も透明感がなかったので詰め物や被せ物は製作が不可能でありジルコニアレイヤリングセラミックのフレームとして使用されることが一般的でした。

その後数年で高強度オールセラミックが登場し、オールセラミックでどの歯種でも3Dプリンターで詰め物・被せの製作が可能となったのでオールセラミックがどんどん普及してきました。しかしまだ破折のリスクは一定数ありました。

その後透明感と粘りのあるジルコニアセラミックが販売され、汎用性でオールセラミックを超える素材が登場、一方で審美面ではもう一歩オールセラミックには及ばないため、奥歯はジルコニア、前歯はオールセラミックといった使い分けがされているのが現状です。

今後の流れとしては、オールセラミックはあまり性能に変化はみられていませんが、ジルコニアは新製品が年々審美性に優れたものが出てきているので、ジルコニアがシェアを伸ばしてきそうな感じではあります。しかし、オールセラミックで粘りのある素材が登場すればどちらがしゃえを獲得していくのかはまだわからないようです。

ジルコニアレイヤリングセラミックは手作業で制作していくため、被せ物の最高級品目として以前から今まで最高級品として取り扱いがございます。

あい歯科でもやはり、前歯に関してはジルコニアレイヤリングセラミックが一番良いと思っております。

セラミックのご要望は あい歯科 長堀橋院まで

投稿日:2020年1月21日  カテゴリー:未分類

ページトップ
歯痛・応急処置 いつでも対応可 近隣駐車場どこでも 30分300円負担 24時間ご予約可能 PC予約 24時間ご予約可能 スマホ予約 痛みに弱い方も安心 無痛治療 0歳から診療可 キッズ対応 お気軽にお尋ね下さい 無料相談 初診・急患 随時受付中 駅近 3Wayアクセス お待たせしません 詰め物2日で完成 気軽に歯石取り 30分3,000円 お忙しい方には 短期集中治療