お知らせ

ブログ

歯科で使用されるレントゲンの種類。放射線量大丈夫???

歯科ではいくつかの「X線」を使用します。
今回は歯科で使用するレントゲンについてお話します。

歯科で使用する様々なレントゲン写真

パノラマ撮影

パノラマレントゲンは
歯の一部ではなく
お口の中の全体を一度に撮影するものです。

歯や骨の状態をざっくり知りたい時や
歯周病がどこまで進んでいるのか、
親知らずが生えているのか、
抜歯の時などに利用されます。

レントゲンの機械も大きい。

放射線量

1枚約20マイクロシーベルト

デンタル撮影

パノラマ撮影がお口の中全体の撮影なのに対して
デンタル撮影は一部だけを撮影するものです。

細かく撮影することが出来るので
歯に異常が出た時に確認するために
使用されます。

数ヶ所の確認をしたい場合は
何枚か撮る場合があります。

放射線量

1枚約1〜4マイクロシーベルト

セファログラム

セファログラムは
矯正をする時に使用されます。

頭部X線規格写真とも呼ばれています。
一定の規格に基づいて撮影された頭部のX線写真です。

矯正以外に歯科で使用されることはほとんどありません。

放射線量

1回約3〜5マイクロシーベルト

CT

CTは内科などで使用されるイメージが強く
歯科ではあまり無いように思われがちですが
実はそんなこともありません。

パノラマ撮影は平面にしか撮ることができません。

しかし、歯科用のCTは立体的に、3Dで確認することができます。

その為、親知らずの抜歯などで
神経に近かったりと
少し危険を有する時などに使用されます。

歯科用のCTは歯や顎周りだけなので
通常のCT程の放射線量はありません。

放射線量

1回約100マイクロシーベルト

※参考放射線量

飛行機(東京〜ニューヨーク往復)200マイクロシーベルト
胸部のレントゲン 50マイクロシーベルト
胃のレントゲン 200マイクロシーベルト

レントゲンを撮ることによってわかること

歯の根っこの状態

歯の根っこは歯ぐきに埋まっているので
もちろん見ることはできません。

その為、歯の根っこを確認するには
レントゲンは欠かせません。

根っこが炎症を起こしていたり、
腫れている部分を確認したり、
注入した薬がしっかり入っているか
などを確認します。

外側からは確認することが出来ない歯の内側の治療にはレントゲンは必須です。

むし歯の進行状態

むし歯は表面から見ると
小さな穴であることから
小さなむし歯だと思っていても
実はその奥で大きく広がっている、
なんて事も少なくありません。

治療前にレントゲンを撮ることによって
むし歯の状態やどこまで進行しているのか、
ということが確認できます。

骨の状態

歯が歯ぐきだけではなく
骨にも支えられていることはご存じですか???

もし、歯周病が進んでしまっていたら
その骨を溶かしてしまいます。

その様子ももちろん外見から判断することは出来ないので
レントゲンを撮ることによって
確認することができます。

被せ物をした経過の状態

被せ物は1度つければ一生その綺麗なままで保たれる、という訳ではありません。

歯と詰め物の間から菌が入ってしまい
炎症が起きたり、
むし歯になってしまったりする場合があります。

金属の詰め物よりも
最近は菌などの侵入を防ぐ事ができる
セラミックなどもありますが
100%ではありません。

そのような場合
詰め物を取ってしまったら
お金もかかるし時間もかかります。

金属の詰め物は取る際に
切断するので絶対にもう一度作り直さなければなりません。

そんな時にレントゲンを撮ることによって
詰め物を取らなくても
確認することができます。

それでも放射線が怖い方に…

自分は大丈夫でも
子供に放射線を浴びせるのは…
という方ももちろんいらっしゃいます。

その場合
「防具服」を着用することもできます。

病院でCTやレントゲンを撮るときに
とても重い服を着た経験はありませんか?

それと同じものが歯科のレントゲンにもあるので
防具服を着ることによって
放射線源の透過を緩和することができるようになっています。

その為、体への影響を減らすことができます。

しかし、歯科でのレントゲンは
放射線量があまりに少なかったり、
防具服を着ても少しだけしか変わらなかったりするために
用意されていない歯医者さんも多いので
その場合は必ず問い合わせるようにしましょう。

また、妊娠している方のレントゲン。

出産までに歯の治療を終わらせようと思う方も多く、
しかし、妊娠中に放射線を浴びていいのかと不安になる方もいらっしゃいますが
妊婦さんが出産までに浴びてもいい放射線量が
10000マイクロシーベルトと、言われています。

歯科のレントゲンは上記のように
1〜20マイクロシーベルトと
とても微量なのであまり気にする必要はありません。

それでも心配な方は
先生にその旨を伝えるようにしましょう!

レントゲンがなくても
出来るところまでの治療をお願いしましょう。

歯科においての
レントゲンの大切さ、
放射線量、
レントゲンによって分かること
をお分かり頂けましたか???

皆さんも
歯医者さんに行って
先生にレントゲンを撮るように言われたら
より良い治療にするために
是非協力してくださいね😊😊

投稿日:2018年6月28日  カテゴリー:未分類

ページトップ
歯痛・応急処置 いつでも対応可 近隣駐車場どこでも 30分300円負担 24時間ご予約可能 PC予約 24時間ご予約可能 スマホ予約 痛みに弱い方も安心 無痛治療 0歳から診療可 キッズ対応 お気軽にお尋ね下さい 無料相談 初診・急患 随時受付中 駅近 3Wayアクセス お待たせしません 詰め物2日で完成 気軽に歯石取り 30分3,000円 お忙しい方には 短期集中治療