お知らせ

ブログ

『むし歯』になってしまう様々な原因

『むし歯』には誰にでも関係のある厄介な歯の病気です。

しかし、その中でも
『むし歯』になりやすい場所は存在します。
では、どのような場所がむし歯になりやすいのでしょう??</p>
『むし歯』になりやすい場所は??
○歯と歯の間
『むし歯』の90%が
歯と歯の間からできると言われています。
歯と歯の間は
しっかりと歯ブラシをしていても
やっぱり綺麗に落としきることは難しいので
磨きの腰ができてしまい、
『むし歯』に繋がってしまいます。
そのため、デンタルフロスなどを使用して
週に何度かは更に綺麗になるようなケアをするようにしましょう。
○子供の時は咬合面も注意
噛み合わせている面のところは
歯ブラシでも磨きやすいので
歯と歯の間に比べると『むし歯』になりにくいのですが、
乳歯や生えたての歯は溝が深いので
プラークのすみかになってしまい
『むし歯』になりやすくなってしまいます。
しっかりと毎日ケアをしてあげるようにしましょう。
○歯ぐきが下がってしまったら
「歯周病」などによって
歯ぐきが下がってしまい、
本来なら歯ぐきで見えないはずの「象牙質」がむき出しになってしまうと、
「象牙質」は歯の表面の「エナメル質」よりプラークがつきやすいので
『むし歯』にもなりますくなってしまいます。
ほかにも「歯周病」は
口臭の原因にもなってしまうので
早めに歯医者さんに行くようにしましょう。
○詰め物をしている人
被せ物や詰め物などに使用されているような金属は
『むし歯』が出来やすいという性質を持っています。
だいぶ前に詰めたような金属は
その金属と元の歯の隙間などから『むし歯』が広がってしまいやすく、
気づくのが遅くなると神経までもを抜かなければならない場合もあります。
違和感を感じたらすぐに歯医者さんに行くようにしましょう。
○親知らず
「親知らず」は斜めや横向きに生えてしまっている事が多い上に歯の一番後ろにあるため自分のケアではなかなか綺麗にすることは難しく、
『むし歯』になりやすくなってしまいます。
そして「親知らず」は、
その歯だけでなく
隣の健康なはずの歯にまで被害を及ぼすので
先生と相談の上、抜歯を行うことも大切です。
どんな時に歯が痛むのか??
○冷たいものや甘いものがしみる
『むし歯』が
歯の表面の「エナメル質」やその奥の「象牙質」にまで入ってくると
「象牙質」には神経にまで繋がる管が通っているので
冷たいものや甘いものをたべると痛みを伴う場合があります。
この時点では
痛みは一時的で引く場合もあるので
それで安心してしまい
放置すると更に『むし歯』が進行してしまうのでこの段階で歯医者さんに行くようにしましょう。
この段階だと
神経を残せる場合があります。

○温かいものがしみる場合

 

この場合は

むし歯が神経の近くまで来てしまっている場合があります。

 

むし歯が象牙質の奥まで入ってくると

温かいものがしみることがあります。

 

もしかしたら神経にまで既に到達してしまっていることもあるのでこの場合も早めに歯医者さんに行きましょう。

 

○我慢出来ないほどの激痛の場合

 

むし歯が神経までに到達してしまって、

歯の中で神経が腫れてしまっていると

激痛がはしることがあります。

 

神経をとる治療が必要になります。

 

○寝ている時に痛くなる場合

 

むし歯か神経の一部を腐らせてしまった場合、

体が温まった時に残っている部分の神経が残っているので痛みを伴うことがあります。

 

この場合は

歯の根っこの治療をしなければなりません。

 

 

○噛んだ時に痛い場合

 

この場合は様々な原因があります。

 

例えば、

むし歯が原因の場合。

 

むし歯菌が歯の周りの膜まで入ると痛みを伴うことがあります。

 

 

歯周病が原因の場合。

 

歯周病が進んでしまうと

歯を支えている周りの骨が溶けてしまうので

噛んだ時に痛みを伴います。

 

 

早めに治療を行わないと

最終的には歯が抜けてしまいます。

 

歯ぎしりが原因の場合。

 

歯ぎしりによって歯に大きな負担がかかり、

揺さぶられることで痛みを伴います。

 

 

歯が割れていた場合。

 

歯にヒビが入っていたり

根っこで割れてしまっているような場合は

もちろん痛みが出てしまいます。

 

被せ物で治療できる場合もあれば

割れ方によっては抜歯しなければならない場合もあります。

 

 

○歯ぐきが痛い時

 

歯の根っこの先の骨の中にまでむし歯菌が入ってしまうと

骨の中に膿がたまってしまい、

大きく腫れてしまい、痛みを伴います。

 

その場合は歯ぐきを切って膿を出しますが、

自然に出てくる場合があります。

 

しかし、放置すると繰り返すので早めに歯医者さんに行くようにしましょう。

 

 

○頭痛がある時

 

上顎の根の先から鼻に繋がる空洞にむし歯菌が入ってしまうと上顎洞に膿がたまってしまうので頭痛がすることがあります。

 

鼻の病気の場合も同じような症状が出ることがあるので

しっかりと診断してもらうようにしましょう。

『むし歯』になる原因は様々です。

 

なってしまったとしても出来るだけ早く治療することによって

歯の神経を残すことも可能です。

 

ですので、出来るだけ早く見つけるためにも定期的に歯医者さんに通うようにしましょうね😊😊

投稿日:2018年8月2日  カテゴリー:未分類

ページトップ
歯痛・応急処置 いつでも対応可 近隣駐車場どこでも 30分300円負担 24時間ご予約可能 PC予約 24時間ご予約可能 スマホ予約 痛みに弱い方も安心 無痛治療 0歳から診療可 キッズ対応 お気軽にお尋ね下さい 無料相談 初診・急患 随時受付中 駅近 3Wayアクセス お待たせしません 詰め物2日で完成 気軽に歯石取り 30分3,000円 お忙しい方には 短期集中治療