土・日・祝日を含め夜10時まで診療、
突然の歯のトラブルにも全て対応いたします。

白い歯をあなたに
ホワイトニング 4,999円+税
セラミッククラウン 19,800円+税

堺筋線・長堀鶴見緑地線 長堀橋駅 徒歩2
長堀鶴見緑地線 松屋町駅 徒歩4
御堂筋線 心斎橋駅 徒歩6

タグアーカイブ: 長堀橋 マウスピース

マウスピース「ナイトガード」の有用性について


近年はストレス社会のせいなのか。。。

歯ぎしりを習慣的にしてしまうひとが、年々増加しているような気がします。

歯ぎしりはある人は、歯ぎしり予防のマウスピースである「ナイトガード」を夜の寝る時に装着することで

歯のすり減り予防 

顎の関節の負担軽減

顎関節症予防

肩こり予防 

などに効果を期待できます。

矯正用マウスピース


歯ぎしりの対策に『ナイトガード』を装着することはわりとポピュラーな治療として確立しておりますが、『ナイトガード』は歯ぎしり以外にも色々な効果があることをご存知ですか??


ナイトガードの効果の副産物として

 

知覚過敏に悩んでいる

歯医者さんでつけた詰め物がすぐに取れてしまう/割れてしまう

顎が痛い、カクカクする

などに有用とされています。


効果を列挙してみると、なかなかに有用なこのマウスピースについて、

本日は、
その『マウスピース』の様々な効果について掘り下げてお話します。


『マウスピース』の様々な効果


歯がしみるなどの知覚過敏の方

歯がしみるなど
知覚過敏を引き起こしてしまう原因のひとつとして
歯ぎしりをしていまい歯の根元が楔形のように削れてしまうことが挙げられます。
『マウスピース』をつけることによって歯の根元にかかってしまう力を
分散して歯が削れるのを防いでくれます。
よって、知覚過敏が改善されるようになります。

噛んだ時に痛むなどの歯根膜炎の方

歯ぎしりなどによって歯が揺さぶられると食べ物をかんだ時などに歯が痛む場合があります。これは、歯の根っこにある「歯根膜」と呼ばれる部分が炎症を起こしてしまっていることが原因です。

『マウスピース』をつけることによって
「歯根膜」を安静にしてあげることによって噛んだ時の痛みを和らげます。

顎が痛む、顎関節症の方

顎の関節は
頭の骨と顎の骨の関節円板と呼ばれる軟骨でできたクッションがあります。
歯ぎしりをしてしまうと、その関節円板に支障が出てしまい、顎が痛くなってしまいます。

『マウスピース』をつけることによって顎の関節に加わる力を和らげるので
顎の痛みを軽減してくれます。

歯が削れる、「咬耗」に効果がある

歯ぎしりは上下の歯を擦り合わせることによって歯が削れてしまいます。
これを「咬耗」と言います。歯が短くなったり神経が出てきてしまったりと
歯にたくさんの悪い影響を与えてしまいます。この時に『マウスピース』を使用することによって「咬耗」を防ぎ、歯が削れないようにします。

セラミックが割れてしまうのを防ぐ

特に歯ぎしりが強い人はセラミックを歯医者さんで入れても割れてしまう方がいます。それも繰り返すことが多いようです。
セラミックの治療は審美的にすぐれていて、かつアレルギーのある方も安心して使用することが出来るものではありますが、毎日強い力がかかってしまうと割れたり、欠けたりしてしまいます。セラミックは安価なものではないため
何度も入れ替えるのは難しいので『マウスピース』を使用して寝ることによって
セラミックを守ります。

突然歯が割れる、歯牙破折の方

むし歯でも歯周病でも何も悪いところはないのに突然歯が痛んだり歯ぐきが腫れてしまうなどの症状がある方は歯ぎしりによって歯が欠けたり割れているかもしれません。

『マウスピース』は歯に加わる力を分散し、歯が割れるのを防止します。

歯が揺れる、歯周病の方

歯ぎしりによって歯に力が加わると歯が揺さぶられ、歯と歯ぐきの間に空間が出来ます。その空間に細菌が入ることによって歯周病になったり、歯周病の症状をさらに悪化させます。

例えばテレビCMなどで、歯ブラシや歯磨き粉で歯周病予防をしようと啓蒙していますが、歯ブラシだけでは治らない可能性があることは頭に入れておいたほうが良いのかもしれませんね。歯周病の疑いがあればまず歯医者さんに相談してみましょう。

『マウスピース』は
歯ぐきに加わる力を分散するので歯周病が悪化するのを防止します。


『マウスピース』を作るには??


『マウスピース』は歯医者さんで作ることができます。
自費診療で作るものと保険診療で作るものとがあり、保険診療だと3000~6000円程度、自費診療だと上下で1万円前後となります。

治療方法はシンプルです。
歯型を取り(一般的には上顎)、後日マウスピースを受け取りに来るだけです。

ただし、虫歯がある場合は、その治療をしてからマウスピースを製作しなければ、虫歯の治療後にマウスピースを作り直さなければならなくなるので注意が必要です。歯周病がある場合も同様で、歯周病の治療を行った後にマウスピースを製作しなければ、適合の悪いマウスピースができ上げってしまいます。

ネットなどで市販で買うこともできますが、正確に自分に合ったものを使用することは出来ないので自分の歯に合っていないものを使用すると歯並びが悪くなる場合があります。歯並びが1度悪くなってしまうと長い期間とお金がかかってしまうので
できる限り歯医者さんで『マウスピース』は作るようにしましょう。

『マウスピース』を使用する前は必ず歯ブラシをして、お口の中を清潔にしておくこと、朝起きたら『マウスピース』を外し、中性洗剤などで綺麗に洗って
ケースなどに直しましょう。

『マウスピース』は歯ぎしりだけではなく、たくさんの効果があります。
気になる方は1度歯医者さんで相談してみましょう。年々マウスピースの有用性は高まってきております。

 

長堀橋・心斎橋の歯医者さん あい歯科 長堀橋院

 

 


アラカルト


上記のようなマウスピースは、実はホームホワイトニング用のマウスピースと素材としては同じことがほとんどです。(場合によっては違う場合もあるので歯医者さんに相談必要)

ということは。。。。

マウスピースが一つあると、ホームホワイトニング用の薬剤を手に入れるだけでホームホワイトニングができたりします。

ホームホワイトニング用のマウスピースは上下セットでおおよそ自由診療で10000円くらいなので、お得ですよね。

ただし治療用のマウスピースは片側だけなのでもう片方は作る必要がありますので注意してください。(自由診療で5000円くらい)

また、治療用のハードタイプのマウスピースは使用することができないことがほとんどでしょう。


アラカルト さらに続き


マウスピース、ナイトガードは

・歯ぎしり人口の増加

・ホームホワイトニングの普及

によって、使用されている人は増加しています。

 

さらに、近年はマウスピース矯正の需要が急成長中です。

今までの矯正ではワイヤーやら矯正装置やらを歯にくっつけて歯を移動させるものでしたが、ITと3Dプリンターが発展したことにより、透明なマウスピースを装着するだけで矯正ちりょうが可能になっています。ワイヤー矯正に付随する欠点(装置がカッコ悪い/痛い/必要な時に外せない)のほとんどがマウスピース矯正の普及により解消されたので当院でも推奨させていただいております。(症例によってマウスピース矯正不可の場合もあるので注意)

ちなみにこのマウスピース矯正で用いられるマウスピースも、ホワイトニング用や歯ぎしり用のマウスピースと素材は同じであったりしますので、ホームホワイトニングとの併用も可能です。(素材はポリウレタン系で同様だが、製作方法は大きく異なる)

マウスピース矯正

 


確かに街中で透明マウスピースを装着している人は増えている感じがありますね。

透明なので専門家にはわかっても、一般の方には気づかれないのではないでしょうか。仕事中に使っている方もいらっしゃいますね。

あい歯科 長堀橋院

 

長堀橋の歯医者 | あい歯科 長堀橋院
日付:  カテゴリ:未分類 and tagged , , , , , , ,

『仮歯』ときいてイメージできるでしょうか?

奥歯の仮歯


歯科医院に通ったことのある人であればなんとなくイメージできるかもしれませんね。歯医者さんにあまり通ったことのない若い方はピンと来ないかもしれません。

じつは年々仮歯は使用頻度が増えています。

被せ物や詰め物など人工歯を入れるにあたって現在は入れないことのほうが少ないかもしれません。

それに応じて、仮歯の素材も進化していっています。

とくに近年は『セラミック治療』『矯正治療』『審美歯科治療』など、美しさを求める治療が増えてきており、その治療過程において、、仮歯を先んじて入れておくと、

完成する仕上がりのイメージ、完成する歯の色のイメージ、完成する歯の形や見た目のイメージ、噛みやすさのイメージ、、使いやすさのイメージ

がビジュアルと間隔の双方からわかるため、治療の失敗が圧倒的に少なくなります。


とくに審美歯科やセラミック治療をするにあたって仮歯を入れてみると、

最初は 目的は『綺麗になりたい』と漠然とした目標だったものが

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

前歯の長さはもう少し出したい(ひっこめたい)
笑ったときにもう少し歯が見えるようにしたい(見えないようにしたい)
色はこの色がいい
友人に相談したらこうしたらよいと言われた
前歯の長さはもう少し出したい(ひっこめたい)
笑ったときにもう少し歯が見えるようにしたい(見えないようにしたい)
色はこんな色がいい
他の歯も気になるからマウスピース矯正やほかの歯のセラミック治療も検討したい
他の銀歯が気になる
残っている自分の歯の色が気になるのでホワイトニングもしたい
この人みたいな歯並びになりたい

 

などなど、詳細な希望、伝えきれなかった希望、目的に沿った希望

が次々出てくるようになり、施術者(担当歯医者さん)も具体的に患者様に目標があるので治療方法の提案や見積もりも非常にしやすくなります。

こう考えると、仮歯って非常に重要なことがわかります。

一口に『綺麗な歯』といっても

その人、個人個人によって、もしくは性別や職業、活動時間帯によって

大きく異なってきます。

もっと言えば万人すべてが一様に『綺麗』という歯並びはないのかもしれません。

その人にあった『綺麗』をお届けしたいと思います。


仮歯の作り方


詰め物や被せを作るためには歯を成型し、型どりをし製作する必要がありますが、
前歯など歯を成型したままでは見た目が著しく悪くなってしまうため、本制作物ができるまでの間に使用する仮歯が必要となります。

仮歯の作り方
①歯を成型します
②即時重合レジン(仮歯の素材)の原料である液と粉を混ぜ合わせ歯に圧接します
5分ほど圧接すると硬化するので取り外します。
再度即時重合レジンを内面に添加し、圧接します。
2回行うことでより内面の適合性が増します。
③タービンで削って外形を整えます
前歯の仮歯の場合では見た目を仮歯で理想的に整えておくと、本セット物の見本として使用できるため、理想的な歯並びを 作る際には理想的な歯並びになるまで仮歯の成形を繰り返します。
④歯の形が決まったらその仮歯の型を取り、コピーしておきます。
⑤仮付け剤でいつでも外せるように仮付けします
⑥一日目終了

↓ここからが大事なところ↓

お家に一度戻っていただき、仮歯の使い心地・見た目・発音のしやすさを見て
いただきます。
後日来院していただき、不具合や希望を担当歯医者さんに伝えていただきます。それを仮歯に反映し、希望・理想にそった形態になるまで繰り返します。
通常は1-2回でこの作業は終わりますが、強いこだわりをもって歯を入れる方には5-6回程度かかることもしばしばあります。ですが、ここで理想を目指さないと完成品も失敗してしまうので、慎重に作業を進める必要があります。

形が決まったら、あとは型を取って入れるだけ!


いかがでしょうか?

実際に仮歯を入れて好みの形や目標ににどんどん近づいていく様子は、非常に楽しいものがあります。

審美歯科治療(セラミック治療・矯正治療)をする際は

一度仮歯にこだわってみるとよい結果が得られると思います。

笑顔の作り方のコツとは

長堀橋の歯医者 | あい歯科 長堀橋院
日付:  カテゴリ:未分類 and tagged , , , , , , , , ,

ページトップ
歯痛・応急処置 いつでも対応可 近隣駐車場どこでも 30分300円負担 24時間ご予約可能 PC予約 24時間ご予約可能 スマホ予約 痛みに弱い方も安心 無痛治療 0歳から診療可 キッズ対応 お気軽にお尋ね下さい 無料相談 初診・急患 随時受付中 駅近 3Wayアクセス お待たせしません 詰め物2日で完成 気軽に歯石取り 30分3,000円 お忙しい方には 短期集中治療