土・日・祝日を含め夜10時まで診療、
突然の歯のトラブルにも全て対応いたします。

白い歯をあなたに
ホワイトニング 4,999円+税
セラミッククラウン 19,800円+税

堺筋線・長堀鶴見緑地線 長堀橋駅 徒歩2
長堀鶴見緑地線 松屋町駅 徒歩4
御堂筋線 心斎橋駅 徒歩6

タグアーカイブ: 長堀橋 ホワイトニング

ほとんどのひとが、一度は虫歯になり、詰め物を歯にはめ込んだ経験があるのではないでしょうか。

歯医者さんでは詰め物を入れた後

『綺麗に仕上がりました。』といわれて、患者様は満足してお帰りになられるのですが。。。

その詰め物、耐用年数があるのはご存じでしょうか?

メタルの詰め物の耐用年数は5年
メタルの被せ物の耐用年数は8年
白いプラスチックの詰め物(CR)は5年 ほどの耐用年数といわれております。

ここで注意が必要なのは、耐用年数をオーバーしたからといって、自動的に取れたりはしないことです。

この耐用年数というのは、何かしら問題がでる可能性が高くなる時期、たとえばせとめているセメントがかける、つめものがかける・変形する、横からばい菌が入りから虫歯や歯周病になる など含めた可能性の話なのです。

ですので、必ずしも詰め物を新しくしないといけないというわけでもなく。。。対応が難しいですよね。

基本的には、

ものが詰まりやすくなった
錆が気になる
詰め物がささくれている
いつ入れたかわからない詰め物が入っている

など心当たりがあったり、不具合がある場合は作りなおしを検討してもよいかもしれません。

また、銀歯が気になる、白くしたいかたも新製を検討してもよいかもしれません

定期な検診でチェック もしくは  不具合を感じたら歯医者さんに行くことで対応しましょう。


治療方法

基本的に詰め物を作り直しときは、タービンで削ってとり除きます。
詰め物との隙間に溝を掘ってドライバーでこじ開けることもあります。
一口にに詰め物、噛むものといっても、様々な素材があり、もちろん固い素材ものは取り除くのに、時間が必要です。
神経のある歯では麻酔も必要になることが多いです。

除去のしやすさの順番は

①CR(プラスチック製の素材)
やわらかいのでタービンでかるく削ると除去可能です

②金属のインレー
金属自体は固いですが、表面積は大きいので、切れ込みを入れてドライバーを差し込むと比較的外しやすいです

③金属の被せもの
金属自体は同様にかたいですが、切れ込みを入れることで簡単に除去可能です。
ただし、ブリッジなどの連結されているものは厚みも大きくなっているため時間はかかります。

④セラミックインレー、クラウン
歯と接着剤により強固に接着しているため、すべて削って除去します。
切れ込みを入れても外れないため、詰め物すべてを削って除去します。
削る量が多いため時間がかかります

⑤ジルコニアインレー、クラウン、ブリッジ
ジルコニアダイヤモンドをぞ材として使っているため
硬度が非常に高く外れにくいです。
何本もスリットを入れ、少しずつ除去します。
一本当たり15分くらい除去に時間を有します。

除去のしにくさと材料の信頼性はおおよそ反比例します。
(外しにくい材料ほど耐用年数が長く虫歯になりにくい)


 

最近はセラミック・ジルコニアセラミックの性能がとてもよくなってきており、虫歯にも従来の金属より圧倒的になりにくいので、

詰め物の不具合が出てしまった機会に、全体の古い詰め物被せ物を真っ白に刷新したい、といった方も多くいらっしゃいますね。

良いことだと思います。

年々歯科材料も発展しているので、その時代で一番良い材料を入れることは悪くないのではないでしょうか。

まと、10年後には今よりも良い材料が出ているのかもしれませんね。

長堀橋の歯医者 | あい歯科 長堀橋院
日付:  カテゴリ:未分類 and tagged , , , , , , ,

IPS e.max 特徴


提供
IPS e.max が選ばれる。 – Ivoclar Vivadent
www.ivoclarvivadent.com/zircad/jp/

e-maxのハイレベルな審美性
IPS e.maxは、強度と審美性を併せ持つオールセラミックを製作するためのシステムです。個別の臨床ケースに応じて、多様なシステムから自由に選択し、美しく、天然歯のように高度な審美性を持つ、メタルフリーの審美的修復ができます。

IPS e.maxが選ばれる理由

多用途で柔軟なシステム
IPS e.maxは、オールセラミックスの様々な臨床ケースに対応します。単一および複層構造のセラミックス修復物を製作でき、プレスまたはCAD/CAM機器を使用した製作の両方に対応しています。これはラボでの使用、院内ラボやチェアサイドでのワンデイトリートメント等、様々な環境でご提供できます。
CTスキャナ

高い信頼性

IPS e.maxは、市場でも代表的なオールセラミックスシステムであり、世界で100万以上の臨床ケースで使用されています。
10年に渡る研究と1億を超える修復物から、IPS e.max システムの卓越した性能と信頼性を裏付ける、96.6%のサバイバルレートが示されています。
だから、オールセラミックスの代表として、IPS e.max が選ばれます。
どの臨床ケースもユニークです。IPS e.maxは、あなたが日々の臨床で直面する課題に対応する一助となります。たくさんの選択肢から、必要な要件、要素を組み合わせて使用できます。インプラントの頭の部部分から14本のロングスパンブリッジまで、 IPS e.maxは様々な臨床ケースにオールセラミックスで応えます。


e-max製作方法


細かいセラミックの製作方法はいくつかあり複雑な感じがしますが、ざっくり大きく分けると2種類に分類されます。

①石膏模型上でWAXUPをしてのロストWAX法(セラミック製作方法の一つ、金属の鋳造方法に似ている)で専用ファーネスでPressをし、WAXの形をコピーする方法。

②セレックなどのCAD-CAM(歯科用3Dプリンター)で削り出す方法があります。あい歯科ではCAD-CAM法で制作します。

19800円のものはe-maxブロックを削りだしたものを焼成し、色調をリアルに仕上げる必要がある場合には、ステイン材を塗布し仕上げます。

さらにリアルな質感を希望される場合はその上にセラミックをレイヤリングし、色調をさらに作り出していきます。主にリアルさの要求される前歯で用いられます(レイヤリングセラミック=59800+税)


e-maxセラミック修復のポイント


e-maxとジルコニアとの大きな違いとして、

ジルコニアはフレームの曲げ強度は1000Mpaですが、築盛されたセラミックは100Mpaの為、盛られたセラミックが破損する可能性がありますが、e-maxのステイン法では歯冠全体が400Mpaあり、チッピングの心配が軽減されています。

e-maxは非常に透明感があり、審美的な素材です。


あい歯科のセラミック修復の内部へのこだわり

ファイバーコアを組み込む

ファイバーコアはグラスファイバーの繊維を何十にも束ねたガラス繊維強化型樹脂を歯の土台に使用しているため神経のない歯に弾性を与えます。

しなやかなファイバーポストを組み込むことにより歯根破切のリスクが軽減されます。オールセラミック修復には必須の素材といえるでしょう。

釣り竿のようなしなりや弾力のある素材を認識するとわかりやすいかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

注意
ファイバーポストの製作時(直接法)では、ファイバー繊維を根管に入れた状態でセルフキュアの光重合レジンを注入し固めることで、レジンのしなやかさとファーバーポストの弾力を併せ持った土台形成が可能となります。(保険適応のものもあるため疑問点がある場合はあい歯科スタッフまでご相談ください。)

長堀橋の歯医者 | あい歯科 長堀橋院
日付:  カテゴリ:未分類 and tagged , , , , , ,

ページトップ
歯痛・応急処置 いつでも対応可 近隣駐車場どこでも 30分300円負担 24時間ご予約可能 PC予約 24時間ご予約可能 スマホ予約 痛みに弱い方も安心 無痛治療 0歳から診療可 キッズ対応 お気軽にお尋ね下さい 無料相談 初診・急患 随時受付中 駅近 3Wayアクセス お待たせしません 詰め物2日で完成 気軽に歯石取り 30分3,000円 お忙しい方には 短期集中治療