お知らせ

ブログ

とても大切な『フッ素』について

みなさんは、『フッ素』が
とても歯にいいことをご存知でしょうか??

今では市販の歯磨き粉のほとんどに含まれているようにもなりました。

では、今回は
その『フッ素』がなぜ歯にいいのか、
どのようにすれば高い効果を得ることができるのかについてお話します。

『フッ素』の効果は??

むし歯を治す

歯は食事をする度にカルシウムイオンやリン酸イオンが溶けだします。
その事を「脱灰」といい、その溶けてしまった成分を唾液によって修復します。
これを「再石灰化」といいます。

しかし、何度も間食をしていたり
ガムや飴など長時間お口の中にある食べ物を食べたりすると
その「再石灰化」が上手くいかない場合に
むし歯になってしまいます。

しかし、『フッ素』を塗布することによって
「再石灰化」が促進され、初期のむし歯であれば治りやすくなります。

歯の強度を高くする

歯が溶けてしまった成分を戻す「再石灰化」の時に
歯の表面の「エナメル質」の成分と結びついて
「フルオロアパタイト」という硬い構造になって歯を強くします。
歯が根本的に強くなることによって
「脱灰」が起こりにくくなり
むし歯にもなりにくくなります。

むし歯菌の活動を抑える

むし歯は、むし歯菌の出した酸によって歯をとかしてしまいます。
『フッ素』を塗布することによって
むし歯菌の活動を抑制させる効果があります。
そうすると酸の量が減るので
歯が溶けにくくなりむし歯の予防にも繋がります。

など、『フッ素』には
むし歯になりにくくする効果があります。
そしてまた、年齢によって
効果も様々です。

子供に『フッ素』を塗布する理由

乳歯が生えたらすぐに使用するようにしましょう。
乳歯は永久歯と違って
溶けやすいのでむし歯になる速度が早いので
しっかりとケアをしなければ
すぐにむし歯になってしまいます。

『フッ素』は
子供にはなくてはならないものです。

生え始めの永久歯に『フッ素』を塗布する理由

生えたての永久歯は
歯の表面が薄く、溝も深いので
むし歯の確率がぐっと上がります。
この時期にむし歯になって
歯を削ることはとてもリスクの高いことなので
永久歯が生えてから数年は
しっかりと『フッ素』でケアをするようにしましょう。

大人が『フッ素』を塗布する理由

大人になっても
もちろん「脱灰」は起こります。
その「脱灰」を抑制したり
「再石灰化」を早めたりすることはもちろんですが、
大人になるとどうしても生活が不規則になってしまいます。
そのため、ブリッジなどの被せ物や入れ歯が入っていると
唾液の流れが悪くなり、
唾液の殺菌作用がお口の中全体に行き渡らなくなるので
むし歯になりやすくなってしまいます。

『フッ素』を塗布することによって
特にむし歯になりやすい所を重点的に予防するようにして
将来も長く自分の歯で過ごせるようにしましょう。

歯周病とむし歯の関係

加齢とともに歯周病のになりやすくなってしまいます。
歯周病になると歯ぐきが痩せて
見えないはずの「象牙質」が出てくるようになります。
この「象牙質」は、
歯の表面の「エナメル質」に比べると
むし歯になりやすいので
むし歯になりにくい人でもむし歯になりやすくなってしまいます。

『フッ素』を塗布すると
「象牙質」も強くすることが出来ます。
『フッ素』は
どの年代の人も大切な予防策です。

歯医者さんで行う『フッ素』塗布

まず、歯医者さんでは
数ヶ月に一度自分ではできないような
高濃度の『フッ素』を塗布して
自分でも毎日ケアをすることが1番の予防です。

高濃度の『フッ素』を塗布し、
毎日低濃度の『フッ素』を塗布することで
できる限り歯に『フッ素』が残っている状態にします。

検診の場合は同時にクリーニングも行いますが、
クリーニングを行なったあとは特に『フッ素』が浸透しやすい状態なので
その後はしっかりと浸透するまで飲食は少し控えるようにしましょう。

歯ブラシのあとも同じです。
歯磨き粉に入っている『フッ素』を出来るだけ浸透させるために
1時間ほどは飲食はしないようにしましょう。

小さな子供の場合は
むし歯になっても治療が困難な場合があります。
そんな時は、
高濃度の『フッ素』をむし歯の部分にピンポイントに塗布します。
それを数ヶ月続けることで、
むし歯によって柔らかくなってしまった歯の表面が硬くなり治療ができる年齢になるまで観察するか、
生え変わるまでそのままにする場合があります。
『フッ素』塗布は
歯医者さんや歯磨き粉だけではなく、
他の方法でも自分で塗布することが出来ます。

でも、
やっぱり1番大切なのが
歯磨き粉の中に入っている『フッ素』を
しっかりと浸透させることです。
歯磨き粉の量はブラシの約半分。
そしてゆすぐのは1〜2回程度にするようにしましょう。
その後は1時間ほどは飲食はしないようにしましょう。

ほかには、
歯ブラシを終えたあとに
フッ素ジェルを塗布することです。
この方法が1番効果的ではありますが
やはり手間がかかってしまうので
面倒な方は
『フッ素』が含まれている洗口剤を使用するのもいいかもしれません。

『フッ素』がむし歯予防にとても大切であることがお分かりいただけましたか??
今日から『フッ素』を少しでも意識して
むし歯を予防しましょう😊😊

投稿日:2018年8月3日  カテゴリー:未分類

ページトップ
歯痛・応急処置 いつでも対応可 近隣駐車場どこでも 30分300円負担 24時間ご予約可能 PC予約 24時間ご予約可能 スマホ予約 痛みに弱い方も安心 無痛治療 0歳から診療可 キッズ対応 お気軽にお尋ね下さい 無料相談 初診・急患 随時受付中 駅近 3Wayアクセス お待たせしません 詰め物2日で完成 気軽に歯石取り 30分3,000円 お忙しい方には 短期集中治療