土・日・祝日を含め夜10時まで診療、
突然の歯のトラブルにも全て対応いたします。

白い歯をあなたに
ホワイトニング 4,999円+税
セラミッククラウン 19,800円+税

堺筋線・長堀鶴見緑地線 長堀橋駅 徒歩2
長堀鶴見緑地線 松屋町駅 徒歩4
御堂筋線 心斎橋駅 徒歩6

マウスピース矯正 AsoAligner®

AsoAligner

マウスピース矯正とは、マウスピースを好きな時好きな時間にはめておくだけで 金具や針金を使わずに行う、お手軽な矯正治療です。

従来のワイヤー矯正

従来のワイヤー矯正

従来の一般的な矯正では歯の表面にワイヤーとブラケット(ボタン)をつけて歯を移動させていましたが、やはりお仕事・生活に支障が出るため、 なかなか歯並び矯正をする決心がつかない方が多くいらっしゃいました。

また、見えない矯正方法として歯の裏側矯正もありますが、 やはり装置をみえないところに装着する問題点(むし歯、会話し辛さ、口内が傷つきやすい点、ワイヤー特有の矯正の痛みなど)があり、これも人を選ぶ矯正方法となっています。

新しいマウスピース矯正 ~AsoAligner® ~

新しいマウスピース矯正

マウスピース矯正装置は仕事柄、人と接する方には特におすすめです。
取り外し可能なマウスピースを装着するだけでよい矯正方法のため、日常生活にほぼ制限がないことが最大のメリットです。

矯正治療の流れは、マウスピースを3~4週間に1度交換して行き、ご自分で装着することにより歯を徐々に動かしていきます。ワイヤーを使用せず透明のマウスピースを装着するだけため、従来の矯正器具に比べると見た目には付けていることがほとんど分かりません。
「見えづらい矯正治療」なので、お口元を気にせず笑顔を見せることができます。

マウスピース矯正のメリット

①目立たない

マウスピース矯正のメリット

透明のマウスピースのみを使用します。
材質も薄く、矯正をしていると気づかれることはほぼないでしょう。

②装置取り外しができる

マウスピースは着脱が自由ですので、大事なお仕事・デートの時は外しても大丈夫です。
歯磨きも、装置などは一切お口には装着しないので矯正期間中でも綺麗に磨くことができます。
(矯正に伴う虫歯、歯周病のリスクが格段に減ります)

③違和感、痛みが少ない

0.5mmの薄い透明なマウスピースを用いて歯を移動させます。
薄く、適合も良いもののため、マウスピース装着時の違和感はほぼないでしょう。

④治療費が安い・治療期間が短い

30万円~/6か月から矯正が可能です。
ワイヤーを用いた従来の矯正方法と費用・期間はさほど変わるものではありません。

⑤ホワイトニングを同時にできる

マウスピース矯正中、そのマウスピースの中にホワイトニングの薬を入れると 歯がホワイトニングされます。
矯正をする方は歯並びを綺麗にしたい以前に、口元を綺麗にしたいということが大前提としてあるかと思います。
マウスピース矯正はそれをお手軽にかなえることができるでしょう。

AsoAligner® による治療の流れ

①ご来院いただき、治療に適応できるか否かを判断

②マウスピースを製作するための型どり【Step1】

③マウスピースの製作

必要に応じて修正・確認をおこない、マウスピースを製作
(歯の移動方向・移動距離を決定)

④治療開始・装着

ソフトアライナーで着脱等が可能か確認。
取り扱い方法の注意・確認。

マウスピースは3種類(ソフト・ミディアム・ハード)をお渡し致します。
原則としてソフトを10日間、その後ミディアムを10日間、ハードを10日間以上装着する必要があります。

⑤マウスピースを製作するための型どり【Step2】

【Step1】のアライナーの使用を始めて約1ヵ月後に次のStepのアライナー製作のため印象採得し、新しいマウスピースを製作します。

⑥以降繰り返し

※製作日数は原則的に10日〜2週間ほど頂いております

アプラスの紹介

当院では、新生銀行グループ「アプラス」のデンタルローンが使えます。 矯正治療は自由診療のため、費用が高額になります。分割支払いで少しでもご負担を軽減できたらと思います。 詳細は患者様によって異なりますため、お問い合わせいただくか、下記ボタンからご覧いただけますか。

マウスピ―ス矯正のできること・できないこと

できること

  • 歯のねじれの改善
  • 歯列の拡大や縮小
  • 小さな空隙閉鎖(スペース4mm以下もの)
  • 歯の丈の短い歯の挺出
  • 歯の丈の長いものの圧下
  • 軽度な出っ歯、うけ口

できないこと

  • 大きな空隙閉鎖(スペース4mm以上のもの)
  • 骨格が原因の開咬の改善
  • 歯の平行移動

Q&A

Q1.マウスピースをはめるだけで歯が動くのですか?どんな仕組みですか?矯正器具による矯正治療とどのようにちがいますか?

マウスピース矯正は矯正治療専用の3D矯正治療計画ソフトウェアを使用し、ドクターが各々の患者様の歯科記録(顔貌写真・パノラマレントゲン・X線規格写真・口腔内模型など)に基づいてカスタマイズした3D矯正治療計画を作成します。

この3Dでつくられた矯正治療計画で、予想される治療期間・最終完成予定の歯並びを提示いたします。この3Dデータをもとに、カスタマイズされたマウスピースが製造され、お手元に届きます。マウスピースを受け取ったら毎日2~3セット装着していただき1~2週間ごとにマウスピースを交換します。

受診は約4~6週ごとに行いドクターから矯正治療の進捗状況の確認、次のマウスピースを受け取ります。歯並びが整ったら一定期間、保定装置(マウスピース)を装着して構成後の後戻りを防ぎます。

Q2.抜歯は必要ですか?

基本的には、抜歯は可能な限りしない方針で矯正治療計画を製作します。ただし、目標とする歯並び・歯を並べるスペースの関係上、抜歯を含めた治療計画をご提案することもありますので、まずはカウンセリングからうけていただくことをお勧めいたします。カウンセリングは随時無料で受け付けております。

Q3.歯並びによって、治療できないことはありますか?

マウスピース矯正は現在全世界でブームを巻き起こしています。それに伴い、矯正システムが確立、マウスピース素材の進化やデータの蓄積によりほとんどのケースでマウスピース矯正が可能となりました。

しかし、下記のようにマウスピース矯正がうまくいかない場合もございます。その場合は、他の矯正治療により歯並びの改善が可能なこともありますので、まずは歯医者さんにご相談ください。

①永久歯が生えそろう前のお子様

マウスピース矯正は、3Dデータから矯正完了後の治療計画を緻密にシュミレーションしてからそのデータをもとに矯正治療をスタートします。そのため、お子さんの場合はマウスピース矯正には適しません。
  小児矯正(子供の発育に沿った矯正)がベストでしょう

②歯周病(重度)の患者様

歯周病が悪化している場合、歯を動かすと歯が抜け落ちてしまうリスクがあります。
専門家による診断の元、まずは歯周病を改善してからマウスピース矯正をスタートさせると良いでしょう。

③歯が少ない・顎関節症がある・歯ぎしりがひどい

これらの場合マウスピース矯正が適していない可能性があります。まずは治療を終えてからマウスピース矯正をご提案する場合があります。

④極度に歯並びが悪い方

マウスピース矯正は2~4週間おきに新しいマウスピースをはめることで自分の歯に負荷がかからないようゆっくりと矯正力を加えて歯並びを改善する矯正方法です。
極度に歯並びに不正がある場合、マウスピースの必要枚数が多すぎて、費用が高額になりすぎたり、かえって時間がかかってしまう場合は違う矯正方法をご提案させていただく場合があります。

Q4.虫歯、歯周病でも治療できますか?

虫歯のある方はマウスピース矯正の前に虫歯治療を先行することをお勧めします。 マウスピース矯正は歯型に合わせたマウスピースを使用するため、マウスピースを製作した後に虫歯治療をすると、歯の形が変わってしまい、マウスピースがはまらなくなる恐れがあるためです。
歯周病のある方も同様に、歯周病の治療をする前と後では歯ぐきの形が変わるため、マウスピースの適合に不具合が生じる可能性があります。

Q5.差し歯、ブリッジ、インプラントでも治療できますか?

差し歯は基本的に外さずにマウスピース矯正を行いますが、マウスピースを安定させるためのアタッチメントを歯に取り付けることがある場合、金属等を取り外す提案をさせていただくことがあります。
ブリッジは歯と歯がつながっているため、歯を移動させることはできません。そのため、マウスピース矯正に先だってブリッジを外し、1本ずつの仮歯に置き換える必要があります。
インプラントもマウスピース矯正で歯の位置を動かすことはできないため、インプラントの位置に応じた矯正計画を立てる必要があります。

Q6.副作用はありますか?治療中に痛みはありますか?発音や話し方に影響が出ることはありますか?

マウスピース矯正は着脱自在の装置ですので、従来のワイヤー矯正と比べて副作用や痛み等は大幅に軽減されます。
ただし、基本的にマウスピース矯正はマウスピースを日中長時間付けることになります。そのことで、口腔内に負担がかかり虫歯や歯周病のリスクが上がってしまうため、1か月おきの定期メインテナンス(クリーニング・虫歯/歯周病チェック)は必要でしょう。

矯正治療は歯並びが日に日に変わっていきます。刻々とお口の環境が変化するので発音に影響することもありますが、1~2週間ほどで慣れてきます。会議や大事な用事があるときはマウスピースを外しておけることは利点であるといえるでしょう。

マウスピース矯正は歯を一度に動かす距離が短いため、歯に加わる力は比較的小さいです。マウスピース着用中は患者様によってはほとんど痛みを感じない方も多いです。(痛みの間隔には個人差があります。)

一般的には違和感・窮屈さ・少しの痛みを感じることが多いようですが、痛みが強い場合はひとつ前のマウスピースに戻すなどで対応が可能です。従来のワイヤー矯正と違い、痛いときは自分で着脱可能なのも利点の一つです。

Q7.治療期間はどのぐらいかかりますか?矯正器具による矯正治療と比べてどのぐらい違いますか?

マウスピース矯正スタート当初は、不具合がないかどうかを確認しながら1か月に1回のペースでご来院いただき調整・点検・次のマウスピースのお渡し等を行います。
慣れてくれば、1~3か月おきの来院ペースになります。(お家ではドクターに指示に沿って2週間おきに渡されている新しいマウスピースに順次付け替えていきます。)

Q8.治療中はどのぐらいの頻度で受診が必要ですか?忙しいのであまり通えそうにありません。

治療開始時は1か月おき、問題がなければ1~3か月おきのご来院となります。マウスピースの受け渡し個数も相談の上決めることが可能ですので、従来の2週間に1度通院が必要だったワイヤー矯正より負担は少ないと言えるでしょう。
万が一長期間来院できない場合でも、今あるマウスピースを使い続けていれば、その時点からの再矯正が可能です。

Q9.ずっと治療を続けないといけないのでしょうか?一度きれいになった歯並びが元に戻ってしまうことはありますか?

噛み癖や舌の癖などによって歯が元の位置にもどってしまう可能性があります。そのため、1~3年は、リテーナーと呼ばれるマウスピース(保定装置)を付けていただく必要があります。同時に2~6か月おきにかみ合わせなどのチェックを行います。
定期的にメインテナンスを兼ねてチェックを行っていると多少の後戻りには即時に対応できます。リテーナーをあまり装着せずにさぼってしまうと再治療が必要な場合もありますのでご注意ください。

Q10.どのぐらいの時間装着する必要がありますか?つけたまま食事や喫煙をすることはできますか?仕事中などに目立たないか心配です。また、旅行を予定しているので、数日間は装着しないで生活しても影響ありませんか?

マウスピース矯正は、1日20時間を基準に装着していただきます。

食事や喫煙のときは外すようにしましょう。

仕事中、マウスピース着用可能かどうかは職業によって異なります。事務作業の場合は付けていても問題ないでしょう。接客業の場合は勤め先との事前の相談が必要です。

基本的には、透明のマウスピースを用いるため接客業でも問題ないと思われます。接客業でも装着している人を見かける機会は年々増えています。

旅行など数日程度であればマウスピースをつけなくても問題はありませんが、旅行中でも就寝中のみでも付けておくと治療はスムーズでしょう。

Q11.治療費用は高いのでしょうか?保険適応になりますか?

マウスピース矯正は保険外診療(自費診療)となります。矯正期間によっても異なりますが、片顎あたり30万~50万円程度がめやすです。

矯正期間・費用は個人差大きいので、まずは無料カウンセリングを受け見積もりを取ることをお勧めしています。

お見積りで治療期間が長くなりそうな場合や、費用が高額になりそうな場合はワイヤー矯正との併用など、ご希望にできるだけ沿ったご提案させていただくこともあります。

Q12.洗浄方法、保管方法を教えてください。

マウスピース使用後は水かぬるま湯で洗い流します。マウスピースはプラスチック製ですので熱いお湯に通すとマウスピースが変形するのでご注意ください。

研磨剤の入ったの歯磨き粉や歯ブラシ等で力を入れて磨くと、マウスピースの表面に細かい傷がつき、雑菌が繁殖や着色の原因となります。洗うときには指でこするように優しく洗うと良いでしょう。市販の義歯用のブラシも効果的です。 近年ではマウスピース用の洗浄液やマウスガード用スプレーなども出回っていますので、そちらでメンテナンスを行っていただくのも良いでしょう。

Q13.子供でも治療を受けることはできますか?

マウスピース矯正は、3Dデータから矯正完了後の治療計画を緻密にシュミレーションしてからそのデータをもとに矯正治療をスタートします。そのため、お子さんの場合はマウスピース矯正には適しません。小児矯正(子供の発育に沿った矯正)をお勧めいたします。

小児の矯正では顎の発育が未完了なので、第一優先としてまずは発育が完了するまでに(18歳までに)顎の発育を着脱可能な小児用矯正装置でコントロールし、永久歯の生えるスペースを確保し、歯並びを整えます。
18歳以降であればマウスピース矯正は可能です。

なお、小児矯正(7~13歳)の費用は20~40万円程度がめやすです。

ページトップ
歯痛・応急処置 いつでも対応可 近隣駐車場どこでも 30分300円負担 24時間ご予約可能 PC予約 24時間ご予約可能 スマホ予約 痛みに弱い方も安心 無痛治療 0歳から診療可 キッズ対応 お気軽にお尋ね下さい 無料相談 初診・急患 随時受付中 駅近 3Wayアクセス お待たせしません 詰め物2日で完成 気軽に歯石取り 30分3,000円 お忙しい方には 短期集中治療