土・日・祝日を含め夜10時まで診療、
突然の歯のトラブルにも全て対応いたします。

白い歯をあなたに
ホワイトニング 4,999円+税
セラミッククラウン 19,800円+税

堺筋線・長堀鶴見緑地線 長堀橋駅 徒歩2
長堀鶴見緑地線 松屋町駅 徒歩4
御堂筋線 心斎橋駅 徒歩6

あい歯科の『歯周病』の治療について

’歯周病’

聞いただけでも嫌な感じになる病気ですよね。。。

この写真とかめっちゃ怖い。。。

歯周炎

がくがくブルブル
まあ、この写真の状態は非常に重度なのでここまで進行してしまう歯周病というのは稀ですのでご安心ください。別の病気と並行している可能性が高いですね。
一般的な歯周病(軽度~中等度)はこんな感じ
よくみると歯ぐきが腫れている感じが分かりますね。
このくらいの腫れ具合で歯のまわりの骨は1-2mm溶けている感じでしょうか。
ちなみに一度骨が解けちゃうと もどりません。。。
でも綺麗に歯石や汚れを取ってあげると、進行は食い止めることが可能です。
ということは、

早期発見 早期治療   超大事!

できればならないように定期健診

超・超・超 大事!


あい歯科の『歯周病』の治療は、
基本的にはこのような順番で行われます。
1、初診でご来院
2、緊急処置(お困りごとの解決をいたします。)
3、検査・診断(主訴:歯周病と関わりのないこともある、お口全体 の状態をチェック)
4、歯周治療への患者さんの導入
包括的な検査・診断(口腔全体)
治療方法の提示(現状のお口の十分な説明をいたします。)
5、歯周基本治療(すべての歯周病が対象)歯石とり、クリーニングを目視で見える範囲で綺麗にいたします。
6、再評価と治療計画の修正
どの程度歯周病が治ったか確認いたします。
7、歯周外科治療(歯槽骨が半分以上に進行した歯周病)
8、再評価(どの程度歯周病が治癒したかを確認評価いたします。)
9、口腔機能回復治療
オーラルリハビリテーション
咬合治療、補綴治療
(歯のないところに歯を入れる、多数歯にわたる虫歯治療・噛み合わせ異常がある場合、その調整)
10、再評価(治ったか確認いたします)
11、メインテナンス、SPT(定期的にクリーニングを行い、綺麗な状態をキープし、生涯健康な歯を維持していけるようにメインテナンスします)
。。。トピックス。。。
「歯周基本治療」について
『歯周病』は、歯面、歯根面、歯周ポケットをはじてとした歯の歯周組織に生じた細菌性プラークにより引き起こされる慢性炎症であり、
感染症の1つとして考えられています。
感染が歯肉に限局したものは「歯肉炎」、歯周組織全体に波及したものは「歯周炎」と分類されます。
『歯周病』の発症ならびに進行にはこれは細菌性因子だけでなく、年齢や性別、全身疾患といった宿主因子、喫煙やストレス、肥満といった環境因子が複合的に関与します。
このことから『歯周病』の治療では口腔内から全身に至るまで病態を十分に把握し、原因を考えた上で治療を行うことが重要となります。
歯周治療は大きくわけて
1、歯周基本治療
2、歯周外科治療
3、口腔機能回復治療
4、メインテナンス
の4つに分かられます。
「歯周基本治療」なその流れの中の最初のステップであり、患者の歯周治療の結果を左右する重要な項目を含んでいます。
「歯周基本治療」の目的は非外科的治療により歯周組織の炎症を軽減することであり、
具体的には
1、患者自身による歯肉縁上プラークの除去
2、歯科医師、歯科衛生士にのる歯肉縁下プラークの除去
3、咬合の安定化を行う治療
です。
そして、これらの項目が達成されたのちに再評価を行い、続くステップに進むかどうかを決めます。
「歯周基本治療」は、この治療後に行う歯周組織の再評価までを含む治療です。
歯周病の進行
「歯周基本治療」の効果について
「歯周基本治療」は、歯肉炎または経度の慢性歯周炎で外科処置を必要としない患者から、深い歯周ポケットや骨欠損があり、再評価後に外科処置が必要な患者まで、すべての患者が対象となります。
また、長期的な臨床研究から、歯周治療の成功の鍵は主「歯周基本治療」によって改善した結果を維持することでもたらされるものであり、
外科処置に依存する部分はそれよりずっと少ないなさことが示されています。
したがって、「歯周基本治療」は、歯周治療の成功の大部分を占める非常に重要な治療のステップです。
「歯周基本治療」の効果判定は先評価時に、このような点が達成されたかを評価します。
1、急性症状の緩和
2、患者自身によるプラークコントロールの習熟
3、慢性炎症の軽減
4、審美・咀嚼の機能障害の回復と咬合の安定化
5、歯周組織の反応性と患者の協力(コンプライアンス)の度合い
その他にも全身疾患、生活習慣に問題がある場合は、それらに対する対応を行っているかも評価する必要があります。
「歯周基本治療」の内容と実際は??
『歯周病』は慢性疾患であり、疼痛を伴うことなく長い期間をかけて進行するという特徴を有しています。
したがって、歯の動揺や歯肉の腫脹おいった自覚症状のない歯周病患者が多く存在し、歯科医院を受診し、『歯周病』と診断されたとしても自分が『歯周病』に罹患しているとただちに理解することは難しく、『歯周病』こ主たる原因はプラークであり、
プラーク除去のために患者自身が行う口腔清掃は歯周治療を行ううえで大変重要な意味をもっています。
実際、歯周治療の過程で、患者自身が口腔の健康状態を回復するための努力と行動を起こさなければ、効果的な歯周治療は成し得ません。
そのためにも、治療をはじめる前に患者自身が口腔内の現状の把握し、『歯周病』の原因と悪化を招くリスクファクターについて理解する必要があります。
治療を始めるにあたり、まず患者の『歯周病』に対する理解度を把握し、患者に『歯周病』なは対する正しい知識を与えて、患者に自分自身の口腔内の状況を理解させます。
そのうえで、歯周組織の診査、治療方針とその利点・欠点、代替治療なぉを患者に伝え、十分理解しえもらったうえで同意を得ることが必要となります。
実際にかんじに対して説明を行う際には、『歯周病』に関する書籍やパンフレット、あるいは動画などの視覚教材を併用すると、より効果的なインフォームド・コンセント(説明と同意)を行うことが出来ます。
このように、「歯周基本治療」は
『歯周病』の治療で初めに行うことであり、
とても重要な役割となります。
『歯周病』がどういう疾患なのか、
なぜ罹患してしまったのか、
これからどうして行くべきなのかを
しっかりと理解した上で
根気よく行うのが
『歯周病』の治療です。
インフォームド・コンセント
をしっかり守り、
信頼関係も築いていかなければなりません。

 

 

日付:2019年1月26日  カテゴリ:未分類  

あい歯科のポリリンホワイトニングについて。

あい歯科 長堀橋院のホワイトニングはポリリン酸を主成分とした

::::ポリリンホワイトニング::::です。

施術中は寝ているだけでOK‼️

スマホを触っていることも出来ます‼️

夜21時まで受付ておりますので、お仕事帰りにいかがでしょうか。

 

施術方法)))

①ホワイトニングについてのご説明をいたします。

②マウスガードを装着して薬液がお口に着かないようにする。

③塗った薬液が歯茎に流れないように、ワセリンを歯茎に塗布する。

④ホワイトニング薬液を歯にぬり、ホワイトニングライトをあてる。(8分)

↓寝てるだけ

⑤8分立ったら歯についた薬液を拭い、新しい薬液を塗布し、ライトを照射

↓寝てるだけ

3回繰り返して終了です。

(合計所要時間45分程度)

 

※お急ぎの方には2時間コースもご用意しておりますので、受付にてご相談ください。

 

こんな人にオススメ))))

・今より歯を白く美しく見せたい人

・年々歯の色が濃くなったと感じている人

・前歯の差し歯と天然歯の色にギャップがある人

・歯の色にムラがある人

・綺麗なセラミックをより白い色で入れたい人

・子供のころから変色歯に悩んでいる人

・虫歯、歯周病予防したい人

・結婚式を控えている人

・タバコ、お茶などの着色が着きやすい人

・ホームホワイトニングで効果が得られなかった人

 

費用))))

45分|1クール|4999円+税

90分|2クール|9998円+税

 

効果持続))))

1年程度

ホームホワイトニングとの併用))))

可能

当院で扱っているホームホワイトニングは同様のポリリンホワイトニングです。

併用されることで更なる効果が期待出来ます。

@14999円+税(既成トレー)

@19999円+税(オリジナルトレー)

 

ポリリンホワイトニングの他にはない効果))))

①連日ホワイトニング可能なので、お急ぎの人にオススメ

②ホワイトニングと同時にポリリン酸が歯をコーティングするので染みにくく、痛みがでにくい。

③施術直後から飲み食い可能

④施術直後から歯に艶がでてツルツルピカピカ

⑤ポリリン酸が歯をコーティングするので、虫歯、歯周病予防効果がある。

⑥効果持続時間が長い(1年以上)

 

ポリリンホワイトニングの特徴))))

ホワイトニングと同時にポリリン酸が歯に入り込み、合わせて虫歯、歯周病病予防が出来ます。

ポリリン酸による艶感も他のホワイトニングにはないツヤツヤな仕上がりが癖になるでしょう。

 

よりポリリン酸ホワイトニングの効果を出すために)))

歯のクリーニングとの併用をオススメいたします。(3000円)

ホワイトニングが終了したあとも定期的に歯を歯医者でクリーニングすることで歯に着色がはいりこみずらくなり、効果持続時間が長くなるでしょう。

 

 

 

 

日付:2019年1月25日  カテゴリ:未分類  

歯医者で撮影するエックス線写真

歯医者さんに行ったとき
X線写真 を取る機会が多いことは皆さんもご存じでしょう。
デジタルレントゲン
なぜX線写真がいるのかな?
と疑問に思う方も多いと思います。
なぜ必要か?
お口の中を見てもよくわからないからです。。。
正確には見えないのです。
口って奥行き結構あるんですよ。
20センチくらい
歯もたくさんあるし。。。
歯石とか着色も付いていたりすると、虫歯かどうかもわからない。
だから画像にして、見ていくのです。
そもそも
見えている部分以外のほうが、歯石とか虫歯とかついていたりします。
歯医者さんも虫歯を見逃すことはできないわけですから、
もし虫歯がなくても、
虫歯がないことを確認するために、できればX線写真を撮りたいと考えております。
もちろん、放射線を使うわけですから被爆するわけですので、
患者様の同意はばっちり得ますが、
この被ばく量って
海外旅行で飛行機に乗ったときより少ないです。(飛行機に乗ると高度が高いので宇宙放射線を一定量浴びます。)
気を付けなければならないのは、だからX線写真を撮っても大丈夫ってわけではありません。
被ばく量は少ないことのたとえ話です。

虫歯・歯周病を見逃して、虫歯を放置するリスク>被爆のリスク

の有益度が勝るから撮影するのです。

有益度がキーポイントであり、撮影の正当性を担保しています
ですので粘膜の病気の際には撮影はしないことが多いです。(とることもあるので注意)
ご協力お願いいたします。
X線写真には
①お口全体を撮影する パノラマX線 ←全体をざっくり撮影
レントゲン
②歯2-3本をピンポイント撮影する デンタルエックス線 ←詳細に撮影される
③お口全体を撮影する デンタルCT ←3D撮影
④その他
があります。
用途によって使い分けをしますが、大体の場合、
パノラマレントゲンを撮影して、ざっくりお口の中を俯瞰
小さい虫歯や歯周病なら、発見後治療します。
う少しピンポイントで高画像で見たいときはその部分だけデンタルX線でピンポイント撮影をし
治療方針を立てるために撮影します
骨を触る可能性のある処置の場合は3Dで見ることのできるCTを取ります。
一度、どのような
撮影方法をしているのか歯医者さんに聞いてみてもよいかもしれませんね!

専門知識 X線いろいろ

〇エックス線写真読影時の基本
3次元の物体を2次元の平面上に投影していることに留意します。
そのため、決して交わることのない「ねじれの位置」の関係にある物体であっても、エックス線写真上では交わっているように見えてしまいます。
かつては、正方線のみではなく偏心位で撮影して、立体視する技術がありましたが、現在では、歯科用CTによって3D的に立体感を得ています。
さらに、これらの情報を用いて立体構築像を得て、さまざまな角度から観察できるようになりました。
歯周病検査におけるエックス線検査では、デンタルエックス線写真による全顎口内法撮影が頻用されます。
この理由は像が鮮明であるためですが、全顎で10枚以上のフィルムが必要である上に写真を配列する操作の手間と撮影範囲が限定されるという欠点があります。
しかし、各種の補正がなされているものの、脊椎と重なる前歯部の像は不鮮明かつ、大臼歯部では像が拡大される傾向にあり、さらには像が口内法撮影の像に比べて不鮮明であるので、『歯周病』の精密な検査には向きません。
〇エックス線写真かれ得られる情報
フィルム全面に撮影されている範囲の情報があるので、フィルムを隅々まで観察することが大切です。
さらに硬組織のみならず、軟組織の像にも注意が必要です。
・歯と歯周組織
歯槽骨頂と歯肉のラインを確認します。
歯槽骨頂き の白線の明瞭化や消失によって歯槽骨頂の安定性がわかります。
また、歯根膜腔と歯槽硬線の状態を観察します。
歯根膜腔が拡大し、歯槽硬線が明瞭化している場合には、外傷力が加わっていることが推測されます。
歯根膜腔が拡大さそ、歯槽硬線が消失している場合には、歯根に沿った歯槽骨吸収が進行していることが推測されます。
一方で、歯根膜腔が消失している場合には、その部分で骨性癒着している場合があるので、打診などによって確認します。
歯根周囲の歯槽骨では、骨粱のパターンを確認します。
エックス線のとうかせいの変化を観察しながら、不透過性の不規則な模様のパターンの連続性が変わった部分では、骨のりモデリング(吸収と添加が繰り返されて骨を維持すること)に変化があったことを示します。
すなわち、骨吸収か骨新生が進行中であることを示すので、その時のエックス線写真を以前あるいは今後のものと比較して判断します。
1、量あるいは高さ︰歯根長に対する比率(分数や%)で表現します。
2、形態︰骨の吸収は、咬合平面に対して水平性、あるいは垂直性と表現します。
したがって、歯根に沿った吸収は垂直性骨吸収と表現されます。
唇(頬)側と舌(口蓋)側とで歯槽骨頂の高さが異なる場合の読影が重要です。
3、質︰骨の緻密度を見ることになります。
骨粱が粗であれば、エックス線の透過性が亢進しており、骨吸収が進行しています。
骨粱が密であれば、エックス線の透過性が低下して白くなり、骨の硬化や骨瘤の存在を示します。
 また、歯槽骨頂の白線の有無は、骨吸収が進行している状態かどうかを示します。
4、歯根の長さと形態︰長さは骨吸収度と関連し、複根面は根分岐病変と関連します。
 分岐部の位置の観察も必要です(特にタウロドント歯)。
5、歯根の隣接面部での表面性状︰歯石の付着状況や粗糙度を見ます。
6、歯根膜腔と歯槽硬線︰軟組織である歯根膜はエックス線透過像を示し、歯根と歯槽骨との間に歯根膜腔として現れます。
また、歯槽骨の歯根膜腔側には周囲の歯槽骨よりもエックス線透過性が亢進した白線があり、これを歯槽硬線とよびます。
これらの性状が変化した時、すなわち、歯根膜腔が拡大したり、歯槽硬線の連続性が途絶えたり、さらには歯槽硬線が太くなった場合は、炎症や外傷によって歯根と歯槽骨の結合が破壊されていることを示します。
7、その他︰根尖性歯周炎との関連(根尖病巣との複合や根管側枝の存在など)も診査します。
また、上顎側切歯の歯内歯の像は口蓋裂溝の存在を示唆します。
もちろんほかにも『歯周病』の検査は存在します。
〇咬合の検査
・器具を用いない診査

 

咬合の診査の基本は、あるがままの状態を観察することです。

 

そして、複数の観点をつないで因果関係を説明できるようにすることが大切です。

 

 

・器具を用いる診査

 

動揺歯であると、噛み込むの歯が移動してしまいます。

これは模型上では再現できないため、模型診断の際に注意しなければなりません。

 

また、咬合紙を用いる際にと、初期の接触と噛み込んだときの接触域が異なることに繋がるので、注意が必要です。

 

 

 

このように、

『歯周病』にも歯ぐきや歯だけの検査をするだけではありません。

 

歯医者さんによっても変わります。

 

 

少しでも検査についてわかって頂けたら嬉しいです😊😊

 

(医歯薬出版株式会社「歯周病学 第2版」参考

日付:2018年10月15日  カテゴリ:未分類  

インプラントと『歯周病』の関係について

みなさんは、『インプラント』をご存知でしょうか??
もう認知度は高いと思います。

歯がなくなった=インプラントで歯を増やそう

みたいなイメージでしょうか。

ちなみに定義は以下のような感じ。。。小難しいが


インプラントとは
顎骨に埋入し、人工歯根の働きをするものを特に歯科用インプラント(Dental implant)とよび、通常は常に『インプラント』と称されています。
歯の欠損や多数の動揺歯が存在する歯周病患者に対して、
口腔機能回復のために固定性ブリッジや可撤製有床義歯を使用すると、
歯周病罹患歯に対して負担荷重となり、
支台歯や鉤歯となる歯の支持組織量の損失を生じ、残存歯の早期喪失の原因ともなりえます。
『インプラント』による欠損補綴は、
残存歯の切削や荷重負担などのストレスを与えず、
逆に残存歯周組織への機能圧を軽減・分散させることにより、
残存歯の永続性を高めることが出来るという利点があります。

 

(医歯薬出版株式会社「歯周病学 第2版」参考)


皆さんが一番気になるのは、どのくらい持つものなの?でしょうか。
もちろん歯医者も一番気になります。。。
15-20年くらいとか言われていますが、
感覚的なところですと
綺麗に磨いていてメンテナンスも1-2か月に一回通っていれば一生
普通に磨いていれば15年
テキトーなら8年
みたいなイメージでしょうか(あくまでイメージです)
インプラントを入れたことのある人の
口腔状態や生活環境、持病の有無はもちろんみんな違うわけですので、
一概にこう!とは言えないのが難しいところですね。
痛い噛みにくい
という人もいれば
むっちゃかめる!
と絶賛の人もいるでしょう。
思ったより簡単な治療だった!
という人もいれば
チョー大変!
という人もいるでしょう。
もともとある骨の厚み
何本入れたか
まとめて入れたのか1本ずつ入れたのか。
などなど、個々の要因が違いすぎるので、口コミも様々なものであふれているようですし、
これからインプラント治療を検討する人もなにを指標にインプラントをするのかしないのか決めるのは非常に難しいでしょう。
一言言えるのは、
適切な場所にインプラントを打つことができて、
お口を綺麗にしていたら
長く持って噛みやすい良い治療です。

インプラントがダメになる理由はほぼほぼ、

汚れがたまって、歯周病になって、インプラントを支えている骨が少なくなって
抜けてしまう。。。
専門用語では

インプラント歯周炎

になってしまうとダメになります。

 

インプラント歯周炎というとわかりにくいですが、

ようするに歯周病のことです。

 

磨いて!

検診!

これでクリアですが、
時間が取れない人には難しいのかもしれません。。。

専門知識
『インプラント』周囲疾患について
臨床的に
健全なインプラント周囲組織では、
周囲粘膜外面における肉眼的な炎症を認めず、
粘膜内面にも潰瘍等の形成を認めません。
X線写真では、
インプラントフィクスチャー全体を覆う周囲骨を認めます。
=X線でほねとくっついていたらOK
○インプラント周囲疾患
インプラント周囲疾患とは、
インプラント周囲組織に生じる疾患の総称であり、
インプラント周囲粘膜炎とインプラント周囲炎に分類されます。
1、インプラント周囲粘膜炎
インプラント周囲軟組織に限局した可逆性の炎症性病変であり、
発症の原因は、インプラント表面およびインプラント周囲溝に沈着したプラークです。
歯周病における歯肉炎に該当します。
プラークの沈着によってインプラント周囲上皮と接合上皮に炎症が惹起され、
ポケット上皮が形成されます。
臨床的には、
インプラント周囲軟組織に発赤・腫脹を認め、インプラント周囲ポケットが形成されます。
エックス線写真えまはインプラント体頸部での骨吸収像は認められない、あるいは最小限です。
プラークを適切にコントロールすることによって炎症所見は消退します。
2、インプラント周囲炎
インプラント周囲軟組織のみならず、
インプラント周囲骨まで炎症性が波及した不可逆性の病変です。
原因は、
インプラント周囲ポケットにおけるプラーク沈着の亢進です。
歯周病における歯周炎に相当します。
プラーク蓄積に伴い炎症組織は拡大し、
ポケット上皮の深化と骨組織破壊が進行します。
臨床的には、
インプラント周囲軟組織の発赤、腫脹、排膿、およびインプラント周囲ポケット深さの増大が認められます。
周囲粘膜組織の内面には。潰瘍面あるいは膿瘍形成を認めます。
また、
エックス写真ではインプラントフィクスチュアーの頸部付近の骨吸収像はさが確認されます。
インプラント周囲炎が高度に進行した場合は、
周囲組織の減少に伴いインプラント体表面が露出し、
さらに骨吸収が進行した場合は、
オッセオインテグレーションによる支持が失われインプラント体の喪失に繋がります。

さまざまな病気に『歯周病』が関わっているように、
『インプラント』にも『歯周病』は関わっています。
これから『インプラント』にしようとしている方、気になっている方、既に『インプラント』をしている方はぜひ参考にしてくださいね😊😊
(医歯薬出版株式会社「歯周病学 第2版」参考)

日付:2018年10月1日  カテゴリ:未分類  

『歯周病』の原因って??

みなさんは、
『歯周病』に何故なってしまうのか、
ご存知でしょうか??
『歯周病』の原因は、
直接因子である細菌因子、および修飾因子である宿主因子、環境因子
に大きく分けられます。
細菌因子について
細菌因子としては、プラークバイオフィルム中の細菌、細菌の内毒素、および細菌代謝産物があります。
○プラーク(歯垢、バイオフィルム)
プラーク(歯垢)とは、歯の表面に付着した細菌の塊であり、
他の沈着物であるペリクル(獲得被膜)、マテリアアルバ(白質)、色素沈着、歯石などと区別されます。
・歯肉縁上プラークと歯肉縁下プラーク
歯肉辺縁の位置を基準として、歯冠側に蓄積しているプラークを歯肉縁上プラーク、根尖側に付着しているプラークを歯肉縁下プラークといいます。
歯肉縁下プラークは、主に嫌気性菌からなり、
歯肉縁上プラークは主に好気性菌で構成されています。
・プラークの構成
プラークの有機成分の70%は細菌であり、
25%がムタンやグルカンなどの細菌間基質、5%が脱落した上皮や血管から遊走した血球成分などです。
・プラークの形成
歯の表面を研磨剤などで清掃すると、数時間後には再び表面に唾液の糖タンパクからなるペリクルが形成されます。
その後2〜3日の間に、ペリクル上にグラム陽性の球菌などで構成される初期付着細菌群の沈着がおこります。
続いて、綿状菌、糸状菌、紡錘金などの後期付着細菌群が種々の特異的あるいは非特異的な結合を介して、初期付着細菌群の上に付着します。
このような歯面あるいは細菌に付着している細菌群を付着性細菌群とよびます。
それに対して、
グラム陰性の運動性桿菌やスピロヘータなどの細菌は、歯面との付着あるいは細菌間の付着が弱く、歯周ポケット内を浮遊することから浮遊性細菌群とよばれます。
歯周病原細菌には、浮遊性細菌群に属するものが多く、プラーク中の細菌群はその代謝産物や水分の交換などによって互いに共存し、外界からの刺激に対して共闘しています。
そのため、近年では、デンタルプラーク(歯垢)を生体に形成されるバイオフィルムの1つとして(デンタル)プラークバイオフィルムと呼ぶこともあります。
○歯周病原細菌と病原因子
Loeらによる実験的歯肉炎で、歯肉縁上プラークの量と歯肉炎の間には密接な相関関係があることが明らかになりました。
この研究結果から、「歯周病はプラークを構成する細菌種とは関係なく、どのようなプラークによっても発症する」
と考えられていました(非特異的プラーク説)。
しかし、1970年代後半からは、細菌嫌気培養技術の進歩により、
「特定の細菌が存在するプラークによって、歯周病は発症する」
と考えられるようになりました(特異的プラーク説)。
この仮説に基づきわ、これまで数多くの細菌が歯周病の発症に関与する特定の細菌(歯周病原細菌)として研究されてきましたら、
口腔内細菌叢は、生体内でも特に複雑な細菌叢であり、
500〜600もの菌種が同定されています。
その中でも、歯周病原細菌とされるものは、
10〜15種類程度です。
Socranskyらは、
歯周病患者の進行した部位における歯肉縁下プラークの細菌組成をそうでない部位におけるものと比較検討し、
Porphyromonas gingivalis,Tannerella forsythia,Treponema denticola
が多く検出されたことを報告しています。
それらの細菌は、内毒素、タンパク分解酵素などの病原性因子を有することから、歯周炎の発症と進行に密接に関連している細菌群としてレッドコンプレックスとして定義されています。
ここで重要なことは、歯周病が単独の病原細菌による単独感染症ではなく、
その発症には病原細菌(あるいは病原菌株)の占める割合の増加など、
プラーク全体の病原性の増大が大きな役割を果たしていることです。
宿主因子について
○局所性修飾因子
細菌因子による歯周病の発症においてその速度と進行を修飾する局所的な因子として、
プラークリテンションファクターと外傷性修飾因子があります。
・プラークリテンションファクター(炎症性修飾因子)
下に記した因子が存在するとプラークの蓄積量が増加し炎症が亢進します。
そのような因子をプラークリテンションファクター(プラーク蓄積因子)といいます。
1、歯石、歯石は表面が粗糙であるため、プラークが付着しやすくなります。
歯石はその付着部位によって、歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石に大別されます。
歯肉縁上歯石は、歯肉辺縁より歯冠側に付着したものをいい、
唾液成分由来で石灰化しているため白色から黄白色を呈しています。
歯肉縁下歯石は、歯肉辺縁より根尖側の歯肉溝あるいは歯周ポケット内の歯面に付着したものをいい、血液成分由来で石灰化しているため、
褐色から黒色に近い色を呈しています。
歯石は重要なプラークリテンションファクターであり、歯周治療の成否にはその確実な除去が重要となります。
2、う蝕
辺縁歯肉付近にう蝕が存在すると、う窩およびその辺縁部にプラークが蓄積きわ歯肉炎や歯周炎を発症・進行されることがあります。
プラークコントロールを向上されるためには、
歯周基本治療中にう蝕治療の実施が必要となります。
3、辺縁不適合な修復処置・補綴物
不適合修復処置・補綴物の不適合部位では、
不適合部にプラークが蓄積しやすく、
重要なプラークリテンションファクターとなりやすくなります。
歯周基本治療中に削合によって辺縁の適合性を改善する、あるいは暫間被覆冠へ置き換えるなどの処置によってその影響を取り除くべきとされています。
4、口呼吸
口呼吸の患者では、
上顎前歯部位などの局所が乾燥状態に陥り、
自浄作用が低下し、
プラークの蓄積量が増加していることが多くなります。
口呼吸が疑われる者にみられる特徴的な口腔内所見として、
口呼吸線とテンションリッジ(堤状隆起)があります。
口呼吸線とは、
前歯部の唇側歯肉の発赤、腫脹で、
その位置は閉鎖不全を起こした状態の口唇のラインと一致します。
テンションリッジは、
口蓋側の歯肉にみられる堤状の腫脹で、
その内側の歯頸部歯肉あるいは強い炎症所見がみられます。
口呼吸の原因を探り、矯正治療、口唇閉鎖訓練、あるいはオーラルスクリーンなどによって
、症状の改善をはかるべきです。
5、咬合異常・歯列不正
咬合異常や歯列不正があると、
自浄作用が低下し、またプラークコントロールが困難となる場合が多くなります。
歯周治療終了後に補綴治療や矯正治療によって改善をはかるべきとされています。
6、歯周ポケット
歯周ポケット、特に深い歯周ポケットにおいては、
歯ブラシなどの口腔清掃用具がポケットの深い位置まで到達せず、
プラークが停滞しやすい状態に陥っています。
また、深い歯周ポケットの底部では酸素分圧が下がりわ歯周病原細菌に多い嫌気性菌の数および割合が増加します。
深い歯周ポケットに対しては、歯周外科治療などを含めた適切な歯周治療を行うことによって正常な深さの歯肉溝(1〜2mm)を回復し、
患者自身によるプラークコントロールの効果を向上させられるようにすべきです。
7、根分岐部病変
複根歯の根分岐部は歯肉と歯の成す形態が複雑であり、
プラークが停滞しやすくなります。
そのため、プラークコントロールを容易にすることを目的としてさまざまな根分岐部病変に対する処置が行われます。
8、歯の形態異常
口蓋裂溝(斜切痕)、根面溝、エナメル真珠、エナメル突起などの歯の形態異常はプラークリテンションファクターとした働き、
歯周組織の破壊が助長されることがあります。
このような形態異常がある場合は、
口腔清掃指導などの際に十分注意しなければなりません。
また、改善されない場合は、
削合などによって形態修整を行うこともあります。
などなど、
『歯周病』の原因はさまざまです。
少しでも興味を持っていただけたらと思います😊😊
(医歯薬出版株式会社「歯周病学 第2版」参考)

日付:2018年9月27日  カテゴリ:未分類  

あい歯科の ~高齢者に大切なお口のケアについて~

お口の中のケアは年を重ねれば重ねるほど大切さの度合いは増してきます。


このようなことは今更言われるまでもないことではないのでしょう。

 

でも、どうして年を重ねるほどに、重要さが増していくのでしょう?

具体的な理由は?

というと、ひとことで表すのは難しいものがありますね。

たしかに、歯ブラシの仕方を患者様に指導するときに、一人ひとり異なる指導方法になりがちです。

 

少し、以下より考察してみようかと思います。

 

お口の中の(口腔内の)加齢変化 → 結果、起こりえること →対策

で書いていきます。

加齢とともに、お口の中の骨の量が減り、そのことにより歯の根っこが露出する。

→露出している歯の表面積が増え、虫歯のリスクは増えた表面積分増加する。さらに根っこが露出すると、歯ブラシでは届かない部分が増えてしまい、歯周病の原因になる。

→歯ブラシでまんべんなく磨きのこしがないように磨く。歯間ブラシの使用は必須。

唾液の量が減る

→体内の水分量が減るので、虫歯、歯周病菌を自動的に洗い流してくれる唾液量が減り、虫歯、歯周病のリスクとなる。

水をたくさん飲んで唾液量を増やす。キシリトールガムをかむ。

 

筋肉量の減少

→筋肉の能力、量が低下することで、口周りの動きが鈍くなり、食べ物をかみ砕く能力や食べ物を食道に流し込む能力が低下し、食べ物が口の中に停滞しやすくなる。(食べかすがお口の中に残りやすくなる)その結果そこにばい菌が繁殖し、虫歯、歯周病の原因となる。

お口周りの筋トレ

昔に治療した詰め物が劣化してくる。

詰め物にはそれぞれに応じた耐用年数が存在しますが、耐用年数の超えた詰め物や被せ物には隙間ができやすいので、そこにばい菌が繁殖し、虫歯や歯周病になりやすくなる。

詰め物などに不具合を感じたらすぐに歯医者さんでチェックしてもらう。定期健診を3か月に1回は行う。

ブラッシングが難しくなる。

→被せ物や、ブリッジ、インプラント、入れ歯など沢山のものがお口の中にあると、それぞれ磨き方が異なるので(形状が違うため)それぞれに対して意識をして対応しなければならない

歯医者さんでブラッシング指導をしてもらう。自分の口の中がどのようになっているのか鏡で把握する。


ざっとこのような感じでしょうか。

細かい要因はまだまだありそうですが、大枠ではこのような感じではないかと思います。

いかがでしょうか。

歯ブラシのテクニックなどももちろん大事ではありますが、

それ以前に

自分のお口の中がどのようになっているのか

どのような治療個所があるのか

歯ブラシはいつ、どのように行っているのか

 

などなど

自分のことを把握し、意識する

これだけで、一歩前に進めるような気がしますね!

 

 

 



 

日付:2018年9月10日  カテゴリ:未分類  

あい歯科 治療を受ける上での患者さんの権利について考察してみる

治療をする側には義務があり、治療をされる側には権利があります。。。。

言葉にするとよくわからないですが、
まあ、当たり前のことですよね。
飲食店でごはんを食べる時でも、アパレルショップで服を買う時でも
当然売る側、買う側にはもちろん上記の権利ー義務はあります。
でも、医療サービスは、サービスを受けるという点ではほかのサービス業と同じですが、一つだけ大きく違う点があります。
人体を扱う点です。
さらに言うなら、
人体を扱うので、一般のサービス業よりもモラル、倫理、価値観について
しっかりとした取り決めや指針がないと、あやふやであると、やばいんです。
生命の危機が訪れることもありえるでしょう。
だって、誠実さがない医療関係者が治療したらいかがでしょうか?
患者を尊重しない医療関係者がいたらどうでしょうか?
・治療ミスった、まあいいか
・豊胸手術で、きみはCカップよりFカップが似合っているって、かってに大きさ変えられたり。。。
やばすぎでしょう。やばいっていうかこわい。
ですので今回は医療を受ける側、する側の根拠について今回はお話してみようと思います。

治療の際には 誠実さと、相手を尊重することに価値を置く

と言われています。

・誠実さ
しっかりとしたモラルをもち、正直であること、率直であること、悪い影響や誘いに束縛されず自由であること。
治療に関わる場合、誠実さと正直、真実を語ることで、患者様から信頼が置けると認められる
専門的な基準と価値観に基づき、誠実であることと実践に重きを置く。
倫理的実践においては、個人的、および専門的誠実さが求められます。
・尊重すること
特別な注意を払うこと、関心をもつこと、妨害行為をしないこと、干渉しないこと。
人はそれぞれかけがえのない存在であり、強さも弱さも、また要求もある一人の個人として認め、また個々の尊厳を尊重することに価値を置く。
真実を語る事に価値を置く。
(特に患者が歯科サービス、診断、治療、その後の結果などについて信頼出来る情報を得るための手助けをする場合に大切なことである。)
真実を語ることで、信頼を築く。
個人の選択を尊重する。
患者は、どういうサービスを受け、拒否するかを選び、決定できる。
『歯科関係者』は、患者の秘密を保持する。秘密を保持することで患者の実質的なリスクや重篤な危険が増大しない限り保持していく。

対象の自己決定権の尊重とは??


患者の「自己決定権」とは医師の説明や助言を受けて、医療行為を承諾、選択、拒否する権利のことです。
この権利は憲法第13条「すべての国民は個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする」
を法的根拠にしています。

患者の「自己決定権」は憲法上の基本的人権を意味しています。

医療における患者の「自己決定」とは
自己の生活、人生の目的に重大な影響を与える、生命・身体に関する医療において、自己の価値観に従って、最善と思える決定をすることを意味します。
患者の自己決定が尊重されることは、人格が尊重されることを意味しています。
従来の医師・歯科医師の権威に基づいた「医師中心の医療」を改め、患者の自己決定権を最大限尊重する「患者中心の医療」において、医療従事者は対象の知る権利を擁護するために、十分な情報を得る機会や決定する機会を保障するように務めることが大切です。
自己決定権の支援
患者の自己決定権を尊重することは、患者だけに判断を委ねるということではありません。
対象となる人々の知る権利および自己決定の権利を擁護するためには、十分な情報を得る機会や決定する機会を保障するように努めるべきです。
患者が自己の判断に基づき決定するためには、十分な情報を得るとともに、その内容を理解したり受け入れたりすることへの支援が不可欠であり、『歯科衛生士』は対象となる人々の理解度や意向を確認しながらわかりやすく説明し、意思表示をしやすい場を作ったり、必要に応じて患者の意思を代弁するなど、擁護者としての役割を担います。
自己決定においては、十分な情報に基づいて自分自身で選択する場合だけでなく、知らないでいるという選択をする場合や、決定を他者に委ねるという選択をする場合もあります。
人々のこのような意思と選択を尊重するとともに、できる限り事実を知ることに向き合い、自分自身で選択することができるように励ましたり、支えたりする働きかけも行います。
個人の判断や選択が、そのとき、その人にとって最良のものとなるように支援します。


患者の権利と自己決定権については、「患者の権利に関するリスボン宣言」で
1、良質の医療を受ける権利
2、選択の自由の権利
3、自己決定の権利
4、意識のない、あるいは自分の意思を表すことのできない患者のインフォームド・コンセント
5、法的無能力者の患者の意思決定
6、患者の意思に反する処置
7、情報に関する権利
8、秘密保持に関する権利
9、健康教育を受ける権利
10、尊厳性への権利
11、宗教的支援
を受ける権利が示されています。
リスボン宣言の11項目は有名ですが(医療関係者の中では)
確かに改めてみるとなかなか隙もなく良い項目が並べられていますね。
例えば7番の情報に関する権利
がない場合どうでしょうか?
医師から情報提供なく治療されちゃいますよ!?
たとえば8番の秘密保持がない場合はどうでしょうか?
カルテ情報だだもれ。。。
全部の項目について過不足なく満たしていなければ医療として成立しないものばかりですよね。

私達も11項目守りつつ、最善の治療を行っていけるように努めていきます😊😊

日付:2018年8月31日  カテゴリ:未分類  

医療業界で大切な『倫理』について考察してみる。

おかげさまで、あい歯科も事業規模が大きくなってきており、
従業員数も数十人規模まで増えております。

従業員が増えてくると、考えなければならないことが職業の倫理(医業の倫理)についてです。

「倫理」と「道徳」は ≒ イメージ

「倫理」の画像検索結果


例えば、あなたは飲食店にご飯を食べに行こうと思って、予約の電話をしたとします。
自『今日の17時にディナーの予約を取りたいのですが。』
店『申し訳ありません。本日は満席でございます。』
自『ほかの日にちで空いているところありますか?』
店『明日の19時はいかがでしょうか?』
自『それでお願いします。』
通常であればこんな感じですよね?

では、歯医者を含めた医療機関の場合
自『顔が腫れてめちゃくちゃ痛いです。いまから行っても大丈夫ですか?』
歯医者『本日は予約がいっぱいです。明日の18時はいかがでしょうか?』
自『。。。え?』
そうなんです。
飲食店やほかのサービス業と一線を画すところはここにあります。
ひどい急患は即時受け入れなければならないのです。
だって、後回しにするともっともっとひどくなるから。当然ですね。
でも、本当に事前予約が詰まっているときはどうしましょうか?
何とか調整して患者様を受け入れるわけですが、
この時医業倫理観がないと、
そもそも緊急度にピンとこないとき、大変なことになってしまいますよね。
ですので

スタッフ、歯医者はみな倫理観を統一する必要が出てきます。

「倫理」の画像検索結果



少し細かくなりますが、医業倫理について↓↓↓


医療の上での倫理について
「倫理的に考えること」は、「いま、何をどうするべきか」、「いま、何をするのが最もよいことなのか」、「どのような判断が最も適切なのか」を考えながら行動することであり、多くの人々が日常的に行っていることのことです。
これは、医療現場においても例外ではなく、医療の発展、進歩とともに、
医療従事者はさまざまな問題のなかで倫理的判断を迫られます。
日々直面する問題に対して、より適切な行動がとれるよう、いかに判断し、どのように行動するかを考える倫理的考察が必要とされています。
『倫理』とは??
一般的に倫理とは、社会生活において、人として守るべきもののことを言います。
それは、ルールでもあり、規範の原理です。
人間は誰もが人間らしく、幸せに生きたいと願っています。
そして、その欲求を自由に求めるのは生まれながらの権利です。
各人が互いに相手の権利を尊重し、自分の義務を果たすことによって初めて自分の自由、権利も実現します。
そのためには、人間どうしが互いに相手のことを考えて自分を律するルールが必要となります。
人間はルールを守ることによって初めて人間らしく、幸せに生きていくことが出来るようになります。
倫理と価値観
倫理的行為は、その行為が相手にとって本当に良いことかどうか、相手の立場に立って状況を考えたうえで行われます。
ようするに、自分がその立場に立ったとしたらこうしてもらいたいと思うようなことを相手に対しても積極的に行い、また、自分だったらしてほしくないと思うことは相手に対し差し控え、行動してはならないということです。
つまり、相手の置かれた状況をよく理解し、その価値観を判断して行動するということです。
価値観は、生育環境、社会、文化、職業など様々なものの影響を受けて形成されます。


医の倫理と患者の権利とは?? 大事!

○医師の職業倫理
伝統的な医の倫理として代表されるのが
「ヒポクラテスの誓い」
医療関係者は学校で必ず最初に教えらえる倫理規範です。
大昔の。。。ヒポクラテスは紀元前5世紀に生まれたギリシャの医師です。
それ以前の呪術的医療を排し、科学的視点に基づく医学を発展させる基礎をつくったといわれ、「医学の父」と称されます。
ヒポクラテスの誓いには、人命を尊重し、患者のための医療を施すこと、患者らの秘密を守る義務などについて述べられています。
大昔の倫理規範がいまだベースになっているなんてすごいことですね。
それだけ、
医業の倫理に関する問題は人の生死と直結する、人類の本能的なものであることの表れなのでしょう。
この伝統的な医の倫理は1948年にジュネーブで開催された世界医師会総会で採択された
「ジュネーブ宣言」にも受け継がれました。
ヒポクラテスの誓いを現代風にアレンジしたものです。
その後、医療を取り巻くさまざまな問題に対処できるように数次の改定を経て、ジュネーブ宣言はその時代の先端医学・医療に見合った現代化したものに至っています。
「ジュネーブ」の画像検索結果
脱線ですが、スイスの国旗かっこいいですね。
1964年ヘルシンキで開催された第18回世界医師会総会で発表された
「ヘルシンキ宣言」も数回の改定を経て現在に至っています。
人を対象とする医学研究の必要性を認めた上で、遵守されるべき倫理原則と、具体的にさな手続きが定められており、直後皆さんも一度は聞いたことがあるかもしれませんが、「インフォームド・コンセント」という言葉が用いられました。
直約すると『説明と同意』です。
※「インフォームド・コンセント」とは??
説明(informed)に基づく同意(consent)のことをいいます。
この法的原則は、
医療従事者から検査、治療、投薬などの医療行為の説明を受けた上で自由な意思に基づき、医療行為に「同意」したり、
あるいは「拒否」したりすることができる、という
患者の「自己決定権」を意味します。
『インフォームド・コンセント』が成立したと言えるためには、
同意能力のある患者に対しわこれから行おうとしている医療について十分な説明を行い、対象者がその説明を十分に理解した上で自発的意思によりその医療に同意する必要があります。
今では当然のことですが、昔は医療関係者も少なかったのでないがしろにさてていました。説明する時間すらないくらい過酷な現場環境だったのでしょう。

『インフォームド・コンセント』を成立させるためには、

4つの要件を満たす必要があります。

・患者の同意能力
同意能力とは、受けた説明を理解し、その上で医療を受けるかどうかの自己の価値観に照らし合わせて理性的に判断出来る能力のことです。
同意能力があるかどうかは、意識を喪失しているような状態たまは明らかに不可能ですし、患者が未成年者、精神障害者、知的障害者、認知症などの要介護高齢者の場合には判断が難しくなります。
また、医療行為の内容によっても理解力、判断力が異なるので
複数の医療従事者で個別に判断することが必要となります。
患者本人に同意能力がないと判断した場合は家族などへ説明し、同意を得なければなりません。
・患者への十分な説明
患者にその症状をよく説明し、それち応じた検査や治療について、
利点だけでなく予期される望ましくない結果や代替方法についても十分な情報を提供します。
その上で対象者は十分に理解し承諾して誰に強制されることなく自由な意見で検査や治療を選ぶことが出来ます。
患者に説明すべきことは
・患者の病名や症状
・予想される検査や治療についての目的や内容
・特にそれにより予想される結果やそれに伴う危険性
・予想される医療行為以外に方法があるかどうか
・検査や治療を受けないことにより起こりうる結果
・患者による説明の理解
患者が判断し、自己決定を行うためには
医療従事者から受けた説明を理解することが必要です。
しかし、患者の理解力、あるいは理解しようとする姿勢は個々さまざまです。
どの患者に対しても同じように説明するのではなく、その患者が理解できるように説明の仕方を工夫する努力をしなければなりません。
・患者の自発的な同意
患者の同意は、正しく説明を受けたうえで、他者から強制されることなく、患者自身が進んで行うべきものでなければなりません。

「医療」は受ける側、行う側にもともに『倫理』、『ルール』があります。
それがあることによって
スムーズな『治療』を行うことが出来ます。
医療の根本、原理原則である
医療業界の『倫理』も覚えておくと病院にかかったときにお話がしやすいかもしれませんね!😊😊

 

 

 

日付:2018年8月30日  カテゴリ:未分類  

とても質問の多い『ジルコニア』について あい歯科では19800+税/59800+税

 

近頃、よく患者様から、

Q『セラミック』って何?

Qメタルの被せ物と何が違うのか?

Qジルコニアとセラミックの違いって何?

Q何が一番いいの?

Qどれをえらべばいいの?

といった質問が多く寄せられます。


お答え致します!


 

『セラミック』とは、

白い詰め物
銀歯とは違い自費診療なので
やはり少し高価なものとなってしまいます。

しかし、白くてとても自然であり
詰め物であるということがほとんどわからないので、
綺麗です!
他にも詰め物の下がむし歯になりにくかったりと様々なメリットがあります。

しかし、デメリットとしては
値段が高い事の他に
金属と比べると割れやすい、という点が挙げられます。

 

高い金額を払ったのにも関わらず
割れてしまうとやっぱり悲しいですよね。。。

 

そこで、『セラミック』の中でも『ジルコニア』という割れにくい素材もあります。(セラミックのカテゴリーの強度の高いジルコニアという素材)


『ジルコニア』とは??

一般的に『ジルコニア』は硬く、白いものです。

女性は知っている方も多いと思いますが

人工ダイヤモンドです。

 

歯科で使用される『ジルコニア』も、
白く、硬く、柔軟性に優れたものに年々改良されています。

だって、人工ダイヤモンドをそのままお口に入れたら噛みあう歯が欠けてしまいますので、歯にダメージを受けないように歯科用ジルコニアとして改良が進んでおります。

今までの「セラミック」では
強度不足だったために
奥歯の被せ物やブリッジには
金属しか使用できませんでしたが
今ではこの『ジルコニア』を使用して
治療することができるようになりました。


『ジルコニア』のメリットは??

〇今までの「セラミック」より強い

今までのセラミックは
奥歯に使用すると割れる事があるので
使用されることはありませんでした。

しかし、ジルコニアクラウンにすることによって

割れる確率がぐっと下がりました。噛み合わせの力が特にかかる奥歯には
ぜひおすすめしたいです。

○ブリッジやインプラントなどの強度が特に必要なところに使用することが出来る

今までブリッジやインプラントの土台は強度が特に必要なので
中に金属を使って強度を補っていました。そのため歯ぐきが黒く見えることがありました。(メタルはすけてしまうため) しかし、『ジルコニア』を使用することによって、中に金属で補わなくても大丈夫になったので
白い詰め物だけで使用することが出来ます。

○変色や老化しにくい

『ジルコニア』はお口の中で安定しているので
変色や老化を起こす事はあまりありません。お口の中は酸性だったりアルカリ性だったり熱かったり冷たかったりと
様々な環境下におかれますがそれでも安定しているので長期間に渡って使用することが出来ます。

=金属アレルギーの心配がない!体に優しい!

○金属より軽い

大きなブリッジや長いブリッジを使用すると
前は金属でしか出来なかったため
左右のバランスが変わってしまうほど重くなっていました。『ジルコニア』は金属の1/3の重さなのでバランスが変わることなく使用することが出来ます。

○体に優しいので金属アレルギーを起こさない

『ジルコニア』は体に親和性があるので
体に入れたらイオン化して
金属アレルギーになったり歯ぐきが変色してしまったりしますが、
『ジルコニア』はお口の中でも安定するので
歯や歯ぐきに馴染むので体に悪い影響を与えることはありません。

○精度が高い

『ジルコニア』を被せ物やブリッジにする場合
パソコン上で設計し、
『ジルコニア』の塊を機械で削っていくので
変形も起こらず、
個体差が出ることがなく、
精度が高いものが出来上がります。

 


『ジルコニア』のデメリット??

もちろんデメリットもあるため、お伝えいたします。

○今までのセラミックよりも透明度がない

『ジルコニア』は今までのセラミックほど
透明感が無いので
主に奥歯に使用されます。

しかしこれは年々、改良されており見た目も綺麗な製品が年々増えてきております。もう2-3年もすればデメリットにはならないように感じます。

前歯の治療に『ジルコニア』を使用する時は
『ジルコニア』の表面に透明感のある「セラミック」を焼き付けて自然なものに仕上げます。

○歯より硬い

『ジルコニア』は歯より硬いので
噛み合わせの歯に負担をかけて
傷つけてしまうことがあります。そのため、『ジルコニア』で治療する時は
噛み合わせの調整をしたあと
『ジルコニア』を綺麗に磨かなければなりません。

○費用が高い

『ジルコニア』は今までのセラミックよりも
費用が高くなってしまいます。理由としては、
『ジルコニア』の被せ物を作る際、
硬いのでどうしても時間がかかってしまいます。他にも、
前歯に使用する際は
『ジルコニア』だけでなく透明感のある「セラミック」も焼き付けなければならないので費用も高くなってしまいます。

○保険診療ではない

『ジルコニア』は
今までの「セラミック」と同じく
保険診療ではありません。今のところ認められている保険診療は
金属、プラスチック、ハイブリッドプラスチックのみです。しかし、壊れたりむし歯になってしまったりして何度も作り直すよりも
『ジルコニア』などを使用して予防する方が
将来の自分の歯のためにはなります。もちろん、時間の節約にも繋がります。

○必ずしも欠けないという訳では無い

『ジルコニア』も
100%欠けないというわけではありません。1番硬い金属ですら
欠けたり割れたりすることがあります。しかし、他の白い詰め物に比べると
格段に割れる確率は低くなります。

 


一般的にはセラミック、ジルコニアセラミックは皆さん誰でも入れることは可能ですが、まれに入れるのに制限がある人がいます。以下の人はこちらから案内して他の治療方法をお勧めするかも仕入れません。


「セラミック」が欠けやすい人としての特徴は??

○歯ぎしりが強い

寝ている間に歯ぎしりを良くしてしまう人は
「セラミック」が欠けやすくなってしまいます。歯ぎしりは想像以上に歯に負担がかかってしまいます。長期間歯ぎしりをしてしまうと
歯がすり減って「セラミック」の部分だけが高くなってしまうので欠けてしまいます。

○食いしばりが強い

緊張したり何かに集中していると
食いしばってしまう癖のある方がいます。食いしばると顎が歪んでいつも噛んでないところが当たるので歯に大きな負担をかけてしまいます。そのため「セラミック」が欠けてしまいます。

○奥歯がない

本来奥歯は2本ずつありますが、
片方がない場合
残った歯に2本分の負担がかかってしまうので
「セラミック」が欠けてしまいやすくなります。


『ジルコニア』は本当にとてもいいものなので
メリットとデメリットをしっかり理解した上で
是非検討してみてくださいね😊😊

日付:2018年8月29日  カテゴリ:未分類  

あい歯科 長堀橋院の『フッ素』の導入について フッ素で虫歯予防!

みなさんは、『フッ素』が
とても歯にいいことをご存知でしょうか??

理由まで知っていたら、それは素晴らしいです!

一度知っておくと、生涯 意味のある知識になるだろうことが自信をもって言えます。

最近はテレビでもよく歯に対するフッ素の有用性についてみる機会が多くなっていますね!

実は、市販の歯磨き粉のほとんどに含まれており、

虫歯予防には欠かせないものになっています。

では、今回は
その『フッ素』がなぜ歯にいいのか、
どのようにすれば高い効果を得ることができるのかについてお話します。


『フッ素』の効果は??

むし歯を治すー再石灰化の促進

歯は、食事をする度にカルシウムイオンやリン酸イオンが口腔内に溶けだします。
その事を「脱灰」といい、その溶けてしまった成分を唾液のミネラルよって吸収。修復します。
これを「再石灰化」といいます。

しかし、何度も間食をしていたり
ガムや飴など長時間お口の中にある食べ物を食べたりすると
その「再石灰化」が上手くいかない場合に
むし歯になってしまいます。

しかし、『フッ素』を塗布することによって
「再石灰化」が促進され、初期のむし歯であれば治りやすくなります。

ほぼ、この作用によって、虫歯予防になるといわれています。

歯の強度を高くする

歯が溶けてしまった成分を戻す「再石灰化」の時に
歯の表面の「エナメル質」の成分と結びついて
「フルオロアパタイト」という硬い構造になって歯を強くします。
歯が根本的に強くなることによって
「脱灰」が起こりにくくなり
むし歯にもなりにくくなります。

むし歯菌の活動を抑える

むし歯は、むし歯菌の出した酸によって歯をとかしてしまいます。
『フッ素』を塗布することによって
むし歯菌の活動を抑制させる効果があります。
そうすると酸の量が減るので
歯が溶けにくくなりむし歯の予防にも繋がります。

など、『フッ素』には
むし歯になりにくくする効果があります。そしてまた、年齢によって効果も様々です。

 


子供に『フッ素』を塗布すると良い理由

乳歯が生えたらすぐに使用するようにしましょう。
乳歯は永久歯と違って
溶けやすいのでむし歯になる速度が早いので
しっかりとケアをしなければ
すぐにむし歯になってしまいます。

『フッ素』は
子供にはなくてはならないものです。

生え始めの永久歯に『フッ素』を塗布する理由

生えたての永久歯は
歯の表面が薄く、溝も深いので
むし歯の確率がぐっと上がります。
この時期にむし歯になって
歯を削ることはとてもリスクの高いことなので
永久歯が生えてから数年は
しっかりと『フッ素』でケアをするようにしましょう。

大人が『フッ素』を塗布する理由

大人になっても
もちろん「脱灰」は起こります。
その「脱灰」を抑制したり
「再石灰化」を早めたりすることはもちろんですが、
大人になるとどうしても生活が不規則になってしまいます。
そのため、ブリッジなどの被せ物や入れ歯が入っていると
唾液の流れが悪くなり、
唾液の殺菌作用がお口の中全体に行き渡らなくなるので
むし歯になりやすくなってしまいます。

『フッ素』を塗布することによって
特にむし歯になりやすい所を重点的に予防するようにして
将来も長く自分の歯で過ごせるようにしましょう。

歯周病とむし歯の関係

加齢とともに歯周病のになりやすくなってしまいます。
歯周病になると歯ぐきが痩せて
見えないはずの「象牙質」が出てくるようになります。
この「象牙質」は、
歯の表面の「エナメル質」に比べると
むし歯になりやすいので
むし歯になりにくい人でもむし歯になりやすくなってしまいます。

『フッ素』を塗布すると
「象牙質」も強くすることが出来ます。
『フッ素』は
どの年代の人も大切な予防策です。

歯医者さんで行う『フッ素』塗布

まず、歯医者さんでは
数ヶ月に一度自分ではできないような
高濃度の『フッ素』を塗布して
自分でも毎日ケアをすることが1番の予防です。

高濃度の『フッ素』を塗布し、
毎日低濃度の『フッ素』を塗布することで
できる限り歯に『フッ素』が残っている状態にします。

検診の場合は同時にクリーニングも行いますが、
クリーニングを行なったあとは特に『フッ素』が浸透しやすい状態なので
その後はしっかりと浸透するまで飲食は少し控えるようにしましょう。

歯ブラシのあとも同じです。
歯磨き粉に入っている『フッ素』を出来るだけ浸透させるために
1時間ほどは飲食はしないようにしましょう。

小さな子供の場合は
むし歯になっても治療が困難な場合があります。
そんな時は、
高濃度の『フッ素』をむし歯の部分にピンポイントに塗布します。
それを数ヶ月続けることで、
むし歯によって柔らかくなってしまった歯の表面が硬くなり治療ができる年齢になるまで観察するか、
生え変わるまでそのままにする場合があります。
『フッ素』塗布は
歯医者さんや歯磨き粉だけではなく、
他の方法でも自分で塗布することが出来ます。

でも、
やっぱり1番大切なのが
歯磨き粉の中に入っている『フッ素』をしっかりと浸透させることです。
歯磨き粉の量はブラシの約半分。そしてゆすぐのは1〜2回程度にするようにしましょう。その後は1時間ほどは飲食はしないようにしましょう。

ほかには、
歯ブラシを終えたあとにフッ素ジェルを塗布することです。
この方法が1番効果的ではありますがやはり手間がかかってしまうので
面倒な方は『フッ素』が含まれている洗口剤を使用するのもいいかもしれません。

『フッ素』がむし歯予防にとても大切であることがお分かりいただけましたか??
今日から『フッ素』を少しでも意識して
むし歯を予防しましょう😊😊

日付:2018年8月3日  カテゴリ:未分類  

ページトップ
歯痛・応急処置 いつでも対応可 近隣駐車場どこでも 30分300円負担 24時間ご予約可能 PC予約 24時間ご予約可能 スマホ予約 痛みに弱い方も安心 無痛治療 0歳から診療可 キッズ対応 お気軽にお尋ね下さい 無料相談 初診・急患 随時受付中 駅近 3Wayアクセス お待たせしません 詰め物2日で完成 気軽に歯石取り 30分3,000円 お忙しい方には 短期集中治療