お知らせ

ブログ

子供達に小さい頃から歯の指導をする事の大切さ

『歯科衛生士』の就業場所として
代表的な「医療業界」では、
○歯科診療所
現在日本の歯科医療に対するニーズは治療から予防へとシフトし、生涯にわたり口腔の健康を保持することが、健康の保持・増進につながると考えられ、『歯科衛生士』は生涯を通して継続的な口腔保健管理を進めていかなければなりません。
○歯科訪問診療
歯科診療所とは違い、対象者の生活の場で歯科治療や口腔ケアを行うことになるため、
『歯科衛生士』は口腔にとどまらず、対象者の生活そのものや介護者の考え方などを理解し、対処する能力が求められます。
○病院
病院における歯科衛生業務は、
「歯科診療の補助」のうち、抜歯、インプラントなどの外科手術の準備や補助、前述した他科で受療している入院患者の口腔ケア、また、多職種と連携し栄養サポートチームの一員として疾患に応じる栄養管理や、
緩和ケアや糖尿病における歯科衛生管理などです。
○事業所
歯や口腔の疾患予防を通して、社員の健康づくりの支援などを行っています。
です。
では、「医療業界」以外での
就業場所では
どのような活動をしているのでしょうか??
保健
○保健所、市町村保健センター、口腔保健センター
日本では、一般衛生行政の第一機関として、
地域保健法により保健所と市町村保健センターが設置されていて、
ここではがんなどの生活習慣病の集団検診や予防接種をはじめ妊婦および乳児に対する健診や指導、精神保健福祉に関わる事業を行っています。
保健所とは都道府県、地方自治体で定める指定都市および中核都市、その他政令で定める市または特別区が設置した施設で、市町村保健センターとは住民に対し、健康相談、保健指導および健康診査その他、地域保健に関して必要な事業を行うことを目的に市町村が設置する施設のことをいいます。
『歯科衛生士』は、母子歯科保健を中心とした母親学級、子育て支援講座、乳幼児健診なのまの歯科保健事業をはじめ、保育所・幼稚園・小学校・成人歯科健診における口腔健康教育、高齢者や要介護者への口腔保険事業などの歯科衛生活動を行っています。
○学校歯科保健(保育所、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校)
学校における「歯科保健指導」は、将来こ日本を担う子供たちの健康づくりに関する重要な活動です。
特に小・中学校においては、う蝕や歯肉炎こ発生時期であひ、慢性的経過をたどる歯科疾患の予防にはこの時期におけは『歯科衛生士』の指導がとても有効になります。
・保育所・幼稚園
保育所は厚生労働省所管で、児童福祉法に基づき保育を行い、健全な心身の発達をはかることを目的とすふ児童福祉施設です。
幼稚園は文部科学省所管で、大学、大学院までの教育体系の一環として位置づけられており、小学校に就学する前までが在籍期間となっています。
幼児期における『歯科衛生士』の役割は、歯に関心をもたせるとともに、食事やおやつを食べた後には歯を磨くという習慣や、望ましい食習慣・食べ方などを理解させることを目的とします。
『歯科衛生士』は、紙芝居や人形劇、ペープサート、エプロンシアターなどを用い、各年齢の発育段階に適した「歯科保健指導」を行います。
また、フッ化物洗口を実施している幼稚園では、その方法についても指導します。
・小学校
健康、安全で幸福な生活のために必要な習慣を養い、心身の調和的発達をはかることが、小学校教育の重要な役割です。
小学校における保健指導は、健康な生活を営むために必要な事柄を体得させ、健康の保持・増進のための生活習慣や態度を身につけさせることを狙いとして、「歯科保健指導」はとても重要な役割をもちます。
・中学校・高等学校
『歯科衛生士』の役割は、学校歯科医業、教育委員会、PTAなどから依頼を受けて、生涯にわたる健康の保持・増進を目的とした「歯科保健指導」を行います。
小学生とは異なり、生活スタイルが複雑化し、食事時間や睡眠時間が不規則になるので、歯肉炎の罹患率が高くなる時期でもあり、
歯周疾患に対する意識づけが意識づけが重要となります。
・特別支援学校
近年のノーマライゼーションの進展や、子どもの障害の重度・重複化や多様化などの社会の変化をふまえ、2007年4月から特別支援学校が学校教育法に位置づけられ、これまでの盲・聾・養護学校に代わる学校ときての目標に沿い、子供たち一人一人の障害の種類や程度と発育・発達段階に即しながら、歯と口の健康づくりの活動を通じてわ健康意識や生活行動の変容を促しわ自らの力を最大限に発揮させ、自立に向けた態度や習慣を身につけることを目的としています。
『歯科衛生士』はこの目的を達成出来るような「歯科保健指導」を行わなければなりません。
『歯科衛生士』の仕事の中には、
学校に出向いて
小さな頃から歯についての知識をしっかり教えることがあります。
これは、将来的に自分で
しっかりとお口の中の健康を保とうとする
動機にもなるので
しっかりと指導しなければなりません。
『歯科衛生士』の仕事は
綺麗にしたり予防する事だけではなく、
これから先大人になってからの
意識を高く持つようにする
という重大な役割りもになっています。
ある意味1番重要な活動内容とも言えるかもしれません。
みなさんも、
子供には小さな頃から
しっかりと歯を磨くなどの指導をして
大人になってもずっと健康な歯で暮らせるように
してあげましょうね😊😊

(医歯薬出版株式会社「歯科衛生士概論」参考)

 

 

投稿日:2018年9月8日  カテゴリー:未分類

ページトップ
歯痛・応急処置 いつでも対応可 近隣駐車場どこでも 30分300円負担 24時間ご予約可能 PC予約 24時間ご予約可能 スマホ予約 痛みに弱い方も安心 無痛治療 0歳から診療可 キッズ対応 お気軽にお尋ね下さい 無料相談 初診・急患 随時受付中 駅近 3Wayアクセス お待たせしません 詰め物2日で完成 気軽に歯石取り 30分3,000円 お忙しい方には 短期集中治療